イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

音楽業界への提案

米津玄師やワンオクが初登場したグローバルチャートをおさらい…日本人歌手が存在感を示すには

最近のビルボードジャパン発によるツイートで、大きな伸びを示しているのがこちら。 米津玄師/ONE OK ROCKが米ビルボード・グローバル・チャート入り https://t.co/2c60T72Jl6 pic.twitter.com/4ZjRJ4WuJS — Billboard JAPAN (@Billboard_JAPAN) 2021年6月1…

SixTONESによる動画投入策の影響は、そしてチャートアクション増幅のために必要なこととは

先週のこの日、ビルボードジャパンが上半期チャートを公開しました。このブログでも同日、ソングスチャートを中心に総括エントリーを公開していますので是非ご参照ください。 この上半期チャート、アルバム部門を制したのはSixTONES『1ST』でした。フィジカ…

【ビルボード最新動向】米津玄師と宇多田ヒカル、ラルクの差とは? ストリーミングの重要性を考える

毎週木曜は、最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 5月31日~6月6日を集計期間とする6月9日公開(6月14日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。BTS「Butter」が連覇を達成しました。 【ビルボード】BTS「Butter」、…

DISH//「猫」は合算ならば上半期トップ10級のヒットに…ビルボードジャパンに合算基準の明確化を求める

ビルボードジャパンが昨日、2021年度上半期チャートを発表しました。それに合わせて、このブログでは7つのトピックスを軸に解説しました。 Billboard Japan 2021年上半期チャート発表、優里が【HOT 100】/SixTONESが【HOT Albums】/YOASOBIが【TOP Artists…

ビルボードジャパンが2021年度上半期チャートを発表…特筆すべき7つのポイントとは (リンク訂正あり)

(※訂正(6月4日13時37分):ビルボードジャパンの記事のうち、上半期アルバムチャートのフィジカルセールスが訂正されましたので、リンクを差し替えました。) ビルボードジャパンが2021年度上半期チャートを公開しました。集計期間は2020年11月23日~2021年5月…

【ビルボード最新動向】フィジカルセールス指標のウェイト減少でますます社会的ヒットの鑑に

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 5月24~30日を集計期間とする6月2日公開(6月7日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。BTS「Butter」がデジタルで圧倒し、初の首位に輝きました。 【ビルボード…

「踊」「きらり」「Cry Baby」…ロングヒット候補3曲の動向と、さらなる安定に向けての提案

ビルボードジャパンソングスチャートの上位をみると、初週フィジカルセールスの勢いで突出したチャートアクションを示す一方で翌週には急落する曲、そして超がつくほどロングヒットする曲に分かれる傾向があります。 その中で、今後のロングヒットが見込める…

ビルボードジャパン、Amazon Music Primeのデータ提供開始で信用度がますます高まる

さらなる前進です。 Amazon Musicがプライム会員向けの音楽ストリーミングのデータをBillboard JAPANに提供開始 https://t.co/kTp0agSVrG pic.twitter.com/9qx8o1Zxx8 — Billboard JAPAN (@Billboard_JAPAN) 2021年5月28日

【ビルボード最新動向】King & Prince「Beating Hearts」、デジタル解禁ならば100位以内に入れた?

最新5月26日公開(5月31日付)ビルボードジャパンソングスチャート、昨日はBTS「Butter」の凄まじい勢いを紹介しました。 今日はチャートを制したKing & Prince「Magic Touch」を軸に取り上げますが、その前に先週木曜のブログエントリーについて振り返ります…

【大ヒットの予感】BTS「Butter」が最高のロケットスタートに至った5つの理由

BTS「Butter」のSpotifyでの動向は一昨日一度お伝えしました。 その「Butter」が一昨日、日本において前人未到の記録を達成しています。 「Butter」は日本のSpotifyデイリー再生回数で史上初の50万を突破(503,930再生)。翌日は465,438再生にダウンするも、多…

星野源「恋」常時ランクインの原動力はストリーミング…サブスク解禁が如何に重要かを考える

『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)で共演した新垣結衣さんとの結婚を19日水曜に発表した星野源さん。ふたりを祝福する思いが、星野源さんのチャートアクションに大きな影響を与えそうです。 日本におけるSpotifyデイリーチャート。5月19日付では200位以内に #…

事件を起こした歌手への出荷・配信停止措置に違和感…ガイドラインの策定こそ必要では

事件は許されないことですが、作品の出荷停止や配信取り止めという措置を採ることはまったくもって別の問題だと考えます。ALIの件に対する私見を昨日つぶやきましたが、ブログにあらためて掲載します。

【ビルボード最新動向】JO1が首位獲得するも、ロングヒットは厳しい状況…接触指標群の充実が大ヒット曲の条件である

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 4月26日~5月2日を集計期間とする5月5日公開(5月10日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。前週トップのSEVENTEEN「ひとりじゃない」は16位に後退、フィジカル…

ザ・ウィークエンドが判明に至らせた、米アルバムチャート換算方法の問題点

最新の米ビルボードソングスチャートでアリアナ・グランデを迎えた「Save Your Tears」が初制覇を果たしたザ・ウィークエンド。オリジナルアルバム『After Hours』(2020)からは3曲目の首位獲得曲輩出となります。 この「Save Your Tears」の動向が反映された…

【ビルボード最新動向】SKE48「恋落ちフラグ」セールス安定の理由と気になる点

松井珠理奈さんが昨日、SKE48から卒業しました。 SKE48松井珠理奈、開演“48分後”に登場 異例演出で13年のアイドル活動に幕(写真 全10枚)https://t.co/OamTZCRxBA #SKE48 #松井珠理奈 #ライブレポ #セトリ #珠理奈 #松井珠理奈卒業公演 #ラブクレ @ske48off…

【ビルボード最新動向】SEVENTEEN・櫻坂46…フィジカルセールス強者の弱点とは

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 4月19~25日を集計期間とする4月28日公開(5月3日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。前週トップの櫻坂46「BAN」は13位に後退、フィジカルセールス初加算に伴…

SEVENTEENのレンタル解禁遅らせ措置への疑問…レンタルの重要性をYOASOBIから学ぶ

今日発表される4月28日公開(5月3日付)ビルボードジャパンソングスチャートでは、SEVENTEEN「ひとりじゃない」が首位に登場する見込みです。 【ビルボード】SEVENTEEN『ひとりじゃない』初週37万枚でシングル・セールス首位 https://t.co/yjbn7HM7Xk pic.twit…

にしな「ヘビースモーク」、ビルボードジャパントップ40入りもそのヒットが局地的という課題をどう解消するか

最新4月14日公開(4月19日付)ビルボードジャパンソングスチャートで前週より52ランクアップし32位につけたのが、にしな「ヘビースモーク」です。

島津亜矢のカバー集最新作『SINGER7』が右肩上がりもトップ10入りならず…演歌歌謡曲が総合順位を上げるには

島津亜矢さんによるカバー集最新作が、駆け上がるかの如きチャートアクションを示しています。

岩橋玄樹さん脱退後、King & Prince「シンデレラガール」再浮上するも100位以内復帰ならず…その理由を考える

最新4月7日公開(4月12日付)ビルボードジャパンソングスチャート、フィジカルセールス指標で目立った動きをみせたのがKing & Princeの初期作品群でした。 トップ10外ではあるが、2018年5月23日に発売されたKing & Princeのデビュー・シングル『シンデレラガー…

「One Last Kiss」「創造」「感電」…サブスク再生回数"初動以降右肩下がり型"の原因を考え、改善策を探る

本日午後、ビルボードジャパンが最新4月5日付ソングスチャートを発表します。首位はフィジカルセールス初加算となるSexy Zone「LET'S MUSIC」が間違いなく獲るものとして、気になるのは前週首位の宇多田ヒカル「One Last Kiss」の動向。世界200以上の地域に…

宇多田ヒカル「One Last Kiss」登場3週目の伸び悩みへの疑問…「廻廻奇譚」やYOASOBIと異なる点とは

最新3月29日付ビルボードジャパンソングスチャートで宇多田ヒカル「One Last Kiss」が首位を獲得しました。しかし登場2週目の勢いは、必ずしも良好とは言えないと考えます。 登場2週目におけるポイント前週比は65.8%。ダウンロードが前週比45.9%、ストリー…

ラジオで音楽に触れることの意義とは

ラジオで音楽に触れることの意義を、あらためて考える機会をいただきました。 『流れる音楽は音楽を聴くプロフェッショナルな人たちがセレクトしている、プロたちのフィルターを通して流れる音楽たちばかりである、というところがラジオというものの魅力』未…

三浦大知「Backwards」を金曜昼に解禁した理由を考える…世界を目標を掲げるならばより強固な連帯を

昨日のブログエントリーの最後、エイベックスのデジタル対応力や訴求力が高くはないと記載しました。 というのも、このエントリーを書く前から引っ掛かっていたことがあるのです。

Kis-My-Ft2「Luv Bias」がいつの間にかデジタル解禁、しかしごく一部に限定されていた件

驚きました。2月24日にCDリリースされたKis-My-Ft2「Luv Bias」が今週になって、配信リリースされていたのです。 『3月16日から配信スタートしたKis-My-Ft2の「Luv Bias」が2日間で5,090DLを売り上げてトップ3入りした。』いつの間にか動いてましたね https:…

カップリングもアルバム収録曲もデジタル解禁すればランクインは可能…3月22日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 3月8~14日を集計期間とする3月22日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。KAT-TUN「Roar」が初登場で首位を獲得しました。 【ビルボード】KAT-TUN「Roar」196,3…

最新チャートにおける「Luv Bias」「RIGHT NEXT TO YOU」の動向に思う…最強のチャートアクションを誇るYOASOBIに倣うべき

最新3月15日付ビルボードジャパンソングスチャートではAdo「うっせぇわ」が首位を獲得しましたが、その一方でロングヒットとなりながらも優里「ドライフラワー」が初の栄冠を逃したことの問題について昨日記載しました。 優里「ドライフラワー」の問題はミュ…

『関ジャム 完全燃SHOW』ランキングへの"波紋"を未来へつなげることが大事な件

3月3日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』が評判と、一方では波紋を呼んでいます。 今週はスペシャル番組が続々‼️今夜6:45※一部地域を除く「#関ジャム 完全燃SHOW」ゴールデン2時間SPJ-POP20年史 プロが選んだ最強の名曲ベスト30#関ジャニ3/6(土)よる6:56 「#中…

動画再生好調のSexy Zone「RIGHT NEXT TO YOU」がもしもデジタル先行解禁していたら…スケジュールを考えてみる

一昨日のブログエントリーでは、KAT-TUN「Roar」がジャニーズ事務所で初めてほぼ完全なデジタル解禁を果たすことを紹介しました。

テイラー・スウィフトに続いてYUI「CHE.R.RY」も…ビルボードジャパンの曖昧といえる合算基準を是正するならば

ビルボードジャパンソングスチャートで気になる現象が再び起きています。