イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングチャートなどを紹介します。

2024-01-01から1年間の記事一覧

ルミネイト、2024年上半期の米アルバム/楽曲動向を公開…主要チャートを確認する

現地時間の7月16日、ルミネイトが米における2024年上半期のアルバムおよび楽曲単位におけるデータを発表しました。 Our 2024 Midyear Music Report is now live! https://t.co/2rj16TZbMi pic.twitter.com/RXC85JrlaH — Luminate (@luminate_data) 2024年7月…

【海外ビルボード】ケンドリック・ラマー「Not Like Us」が米およびGlobal 200で首位返り咲き

現地時間の7月15日月曜に発表された、最新7月20日付米ビルボードソングチャート(集計期間:7月5~11日)。前週キャリア初の首位を獲得したシャブージー「A Bar Song (Tipsy)」は2位へ後退、ケンドリック・ラマー「Not Like Us」が首位に返り咲いています。 .@…

2024年夏の地上波長時間音楽特番から出演歌手傾向およびテレビ局の動向を読む (最終版)

今夏地上波で放送された(今後予定される分を含む)長時間音楽特番の出演者傾向を分析します。昨年末、そして今夏の途中段階におけるエントリーは下記リンク先をご参照ください。 <2024年夏の地上波長時間音楽特番 出演歌手の傾向> ・カウント対象番組につい…

千葉雄喜参加の「Mamushi」が米トップ50入りする可能性と、そのヒットが報じられない問題

ミーガン・ザ・スタリオン feat. 千葉雄喜「Mamushi」が最新7月13日付米ビルボードソングチャート(Hot 100)で68位に初登場したことについては、このブログでも採り上げています。 そして「Mamushi」は、7月5~11日を集計期間とする次週7月20日付米ビルボード…

『音楽の日』ダンス企画、使用曲表示方法からみえる洋楽のぞんざいな扱いについて

今夏の地上波長時間音楽特番については出演歌手傾向等を後日掲載しますが、本日は昨日放送された『音楽の日 2024』(TBS)において気になったことを表明します。それはダンス企画から見えてきた、メディアの洋楽軽視といえる姿勢です。

強豪ひしめく中で週間最高ポイント更新…「I wonder」「夢幻」の強さの理由、そして紅白出場の可能性

昨日のエントリーでは、前週のビルボードジャパンソングチャートで初めてトップ10入りした曲(フィジカルセールス指標初加算に伴い再度トップ10入りした櫻坂46「自業自得」を含む)の当週における動向をお伝えしました。 採り上げた4曲のうちトップ10内をキー…

前週のトップ10初登場曲、当週のCHART insightから真のヒット曲に成るかを読む (2024年7月10日公開分)

3月まで記載していたこちらのエントリーを、内容を少しリニューアルした上で先週復活しました。CHART insightの仕様が変わり以前と同様に作ることはできないものの、しかし作成する必要があると考えた次第です。先週の内容はこちら。 ビルボードジャパンソン…

Creepy Nuts「BBBB」に「ライラック」が肉薄…Mrs. GREEN APPLEの様々な施策とその成果をまとめる

最新7月10日公開分(集計期間:6月24~30日)のビルボードジャパンソングチャートでは、Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」とMrs. GREEN APPLE「ライラック」のポイント差が急激に縮まっています。これは総合ソングチャートからアニメ関連曲のみを抽出したア…

BE:FIRST × ATEEZ「Hush-Hush」がビルボードジャパンソングチャート制覇、強さの理由と今後の注目点

最新7月10日公開分(集計期間:7月1~7日)のビルボードジャパンソングチャートでは、BE:FIRST × ATEEZ「Hush-Hush」が首位初登場を果たしています。 本作は、BE:FIRSTとATEEZによるコラボ曲。ダウンロード(DL)とラジオで首位、動画3位、ストリーミング12位で…

"日本はヒップホップが伸びる"…その可能性が高まっていると感じる2024年の変化について

日本時間の昨日発表された最新7月13日付米ビルボードソングチャートにて、ミーガン・ザ・スタリオン feat. 千葉雄喜「Mamushi」が68位に初登場。千葉雄喜さんはこのチャートでキャリア初の100位以内エントリーを果たしています。 Yuki Chiba lands his first…

【海外ビルボード】米はシャブージー、Global Excl. U.S.はLISAが初の首位、千葉雄喜が米で初登場

現地時間の7月8日月曜に発表された、最新7月13日付米ビルボードソングチャート(集計期間:6月28日~7月4日)。前週首位に返り咲いたポスト・マローン feat. モーガン・ウォレン「I Had Some Help」は2位へ後退、シャブージー「A Bar Song (Tipsy)」がキャリア…

ビルボードジャパンソングチャート、最新週におけるラジオ指標の傾向から感じたことについて

最新の7月3日公開分ビルボードジャパンソングチャートでは、ラジオ指標で興味深い動向が確認できます。

2024年6月の私的トップ10ソングス、選びました

2020年1月にスタートした【私的トップ10ソングス+α】企画、今回は2024年6月分です。前の月にリリースされた曲を中心に選出しています。ミュージックビデオ等動画がない曲も含め、エントリーの最後に掲載したSpotifyプレイリストでチェックしてください。 こ…

Da-iCE「I wonder」が遂にトップ10入り、ビルボードジャパンも注目するチャート動向の影響源とは

最新7月3日公開分のビルボードジャパンソングチャートでは、Da-iCE「I wonder」が11→8位となり、同曲初のトップ10入りを果たしています。 「I wonder」は前週まで6週連続で20位以内に入り、ここ3週は12→11→11位と推移。トップ10内において所有指標、また所有…

千葉雄喜参加の「Mamushi」がグローバルヒットの可能性、そして報じられていないことについて

ミーガン・ザ・スタリオン(ミーガン・ジー・スタリオン等カタカナ表記が統一されていませんが、弊ブログではこの表記を用います)が6月28日にリリースしたアルバム『Megan』収録曲で、千葉雄喜さんをフィーチャーした「Mamushi」が好調です。 「Mamushi」につ…

前週のトップ10初登場曲、当週のCHART insightから真のヒット曲に成るかを読む (2024年7月3日公開分)

3月まで記載していたこちらのエントリーを、内容を少しリニューアルした上で先週復活しました。CHART insightの仕様が変わり以前と同様に作ることはできないものの、しかし作成する必要があると考えた次第です。先週の内容はこちら。 ビルボードジャパンソン…

(追記あり) INI「LOUD」がビルボードジャパン総合首位獲得、櫻坂46「自業自得」を上回った要因とは

(※追記(8時50分):エントリーの序盤にて『また乃木坂46「自業自得」はラジオ57位』と記載していましたが、正しくは櫻坂46「自業自得」でした。訂正し、お詫び申し上げます。) 最新7月3日公開分(集計期間:6月24~30日)のビルボードジャパンソングチャートで…

NewJeans、千葉雄喜…日本語を含む曲が海外チャートで轟き始めていることについて

世界の音楽チャートで、日本語入りの楽曲が目立ち始めています。

ビルボードジャパン、オリコンおよびCDTVの上半期ソングチャート/ランキングからみえてくること

ビルボードジャパンが6月7日に2024年度上半期チャートを発表してからおよそ1ヶ月後、オリコンは6月25日火曜、『CDTVライブ!ライブ!』(TBS)によるCDTVオリジナルランキングは7月1日月曜に上半期ランキングを発表しました。CDTVオリジナルランキングは現時点…

【海外ビルボード】米は「I Had Some Help」返り咲き、グローバルはサブリナ・カーペンターが連覇達成

現地時間の7月1日月曜に発表された、最新7月6日付米ビルボードソングチャート(集計期間:6月21~27日)。前週キャリア初の首位獲得を果たしたサブリナ・カーペンター「Please Please Please」は5位へ後退、ポスト・マローン feat. モーガン・ウォレン「I Had …

Mrs. GREEN APPLE「コロンブス」が登場2週目にラジオで急上昇、その背景にあるものを考える

ビルボードジャパンソングチャートにおいて前週トップ10内に初エントリーを果たした曲の翌週動向から真の社会的ヒットに成るかを考えるという、3月まで行っていたエントリーを復活しました。 真の社会的ヒットに成り得る曲の可視化のみならず、現状のチャー…

オリコン上半期ランキングの発信内容から、日本の音楽業界が変わらない根本にあるものを想起する

先週火曜、オリコンが上半期各種ランキングを発表しました。また『CDTVライブ!ライブ!』(TBS)では7月1日放送回にて上半期のオリジナルランキングを発表することをアナウンスしています。 一方のビルボードジャパンは6月7日に上半期各種チャートを発表して…

(追記あり) 日本のSpotifyで連日の記録更新…立役者の存在、そして影響源の不在について

(※追記(6月30日4時51分):タイトルについて、『…影響源の不在にいて』→『…影響源の不在について』に訂正しました。) 日本におけるSpotifyデイリーチャート200位の推移、今週は特筆すべき状況が続いています。 Spotifyはデイリー200位までの再生回数を可視化…

(追記あり) 前週のトップ10初登場曲、当週のCHART insightから真のヒット曲に成るかを読む (2024年6月26日公開分)

(※追記(7時51分):アンジュルム「美々たる一撃」は、アンジュルム自身がサブスク未解禁であることからストリーミング指標はYouTubeのオーディオストリーミングのみが加算対象となります。それを踏まえ追記、ならびに表の訂正を行いました。) 3月まで記載して…

(追記あり) 6週連続トップ20入りのDa-iCE「I wonder」、THE FIRST TAKE出演は上位進出への布石となるか

(※追記(18時50分):ブログエントリー公開後に発信されたTikTok関連内容について、追記しています。) 最新のビルボードジャパンソングチャートでは、Da-iCE「I wonder」が11位をキープしています。

「Bling-Bang-Bang-Born」は次週以降首位獲得なるか、そして真の社会的ヒットとは何かを考える

最新6月26日公開分(集計期間:6月17~23日)のビルボードジャパンソングチャートでは、Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」が3週連続、通算19週目となる首位を獲得しています。 【ビルボード】Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」通算19度目の総合首位、ま…

アリアナ・グランデ版の源、ブランディ & モニカ「The Boy Is Mine」とその関連曲プレイリスト

アリアナ・グランデが今年リリースしたアルバム『Eternal Sunshine』から、「The Boy Is Mine」のミュージックビデオが今月公開されています。ここでテレビキャスターとして登場しているのがR&B歌手のブランディ、そしてモニカであり、このふたりによる「The…

【海外ビルボード】サブリナ・カーペンター「Please Please Please」、米&グローバル初制覇

現地時間の6月24日月曜に発表された、最新6月29日付米ビルボードソングチャート(集計期間:6月14~20日)。初登場から5連覇を達成していたポスト・マローン feat. モーガン・ウォレン「I Had Some Help」は2位へ後退、前週2位に初登場していたサブリナ・カー…

日本のSpotifyデイリーチャートから、土曜に再生回数が上がりにくいジャンルを再確認する

前週、以下のエントリーを掲載しました。 日本のSpotifyデイリーチャートでは通常、金曜→土曜は再生回数が1割前後上昇するのですが、必ずしもその動向を辿らない曲がみられます。ともすればジャンル全体の傾向等があるのではと考え、6月15日付における動向を…

ミーガン・ザ・スタリオンのアルバムに参加した千葉雄喜、米ソングチャートランクインなるか

千葉雄喜、ミーガン・ジー・スタリオンのアルバムに参加https://t.co/32drHBFC7O#KOHH #千葉雄喜 #チー友 #チーム友達 #megan #megantheealbum — 音楽ナタリー (@natalie_mu) 2024年6月22日 千葉雄喜さんの「チーム友達」がバイラルヒットを記録したことを踏…