イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

演歌・歌謡曲

BMK「だって今日まで恋煩い」再浮上の背景にある、演歌歌謡曲的リパッケージ盤販売手法の導入を危惧する

ビルボードジャパンのチャートディレクターを務める磯崎誠二さんは、ソングスチャートを100位まで見ることの重要性を幾度となく仰っています。以降自分も100位までチェックするようにしているのですが、時折業界の変化に気付くことが出来、たしかに下位への…

フィジカルセールス首位ながら総合50位未達の「群青の弦」から考える、演歌歌謡曲のデジタル解禁提案

2月9日公開分(2月14日付)ビルボードジャパンソングスチャートではAimer「残響散歌」が4週連続、通算6週目の首位を獲得し、BE:FIRST「Brave Generation」が初登場でトップ10入りを果たすもののストリーミングに気になる点がある…これらについては一昨日のブロ…

TikTokライブを開催した八代亜紀の柔軟な姿勢、多彩な音楽ジャンルへの挑戦から検証する

昨日、八代亜紀さんがTikTokでライブを開催しました。 @akiyashiro ##八代亜紀 ##初めて ##tiktokライブ やります!2021年9月25(土)19時30分から! ♬ オリジナル楽曲 - AkiYashiro /9/25(土)19:30~「八代亜紀 初 TikTok LIVE」開催\71歳の誕生日にTikTo…