イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

TikTok

【ビルボードコラム】2021年度ジャニーズ曲のチャートアクションを踏まえ、デジタル解禁の重要性を記す

月曜は不定期で、日米およびグローバルのビルボードチャートに関するコラムをアップしています。これまではソングスチャートにおける各指標の解説、日米ビルボードに対するチャートポリシー変更希望、ビルボードジャパンの知名度向上案やグローバルチャート…

なにわ男子「初心LOVE」が遂に制したTikTok週間楽曲ランキング、社会的ヒットとさらにリンクしてきたのでは

11月15~21日を集計期間とする11月24日公開(11月29日付)ビルボードジャパンソングスチャートでなにわ男子「初心LOVE」が連覇を達成したことについては先週木曜のブログエントリーにて紹介しました。 この連覇の原動力となったTikTokにおいても、「初心LOVE」…

(追記あり)【ビルボードジャパン最新動向】なにわ男子「初心LOVE」連覇達成の理由、そして意味するものとは

(※追記(13時43分):2021年度のビルボードジャパンソングスチャート首位獲得曲一覧表を掲載しました。) 毎週木曜は、最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 11月15~21日を集計期間とする11月24日公開(11月29日付)ビルボードジャ…

藤井風、和田アキ子…NHKの番組出演から"紅白"出場の可能性を読む

(※ 本日午前7時の時点にて、米ビルボードが最新ソングスチャート速報を発信していません。発表され次第、ブログでも取り上げます。) 9月4日に開催された藤井風さんの無観客配信ライブをメディアが採り上げる機会は多く、一昨日は『関ジャム 完全燃SHOW』(テ…

TikTokライブを開催した八代亜紀の柔軟な姿勢、多彩な音楽ジャンルへの挑戦から検証する

昨日、八代亜紀さんがTikTokでライブを開催しました。 @akiyashiro ##八代亜紀 ##初めて ##tiktokライブ やります!2021年9月25(土)19時30分から! ♬ オリジナル楽曲 - AkiYashiro /9/25(土)19:30~「八代亜紀 初 TikTok LIVE」開催\71歳の誕生日にTikTo…

和田アキ子、「YONA YONA DANCE」で紅白復帰を果たすか…チャートにおける出場条件を考える

和田アキ子「YONA YONA DANCE」が支持を広めつつあります。 9月2日にリリースされた「YONA YONA DANCE」はフレデリックが曲提供。フレデリックといえば「オドループ」で知られたバンドですが、一聴すれば間違いなくフレデリック節な中毒性の高いこの曲を、ソ…

TikTokにおけるリリース前のチラ見せ公開、プロモーションの主流となるか

最新9月25日付米ビルボードソングスチャートは前週のドレイク寡占状態が薄れ、一度トップ10圏外に押し出された曲の大半が再浮上。その中で特に顕著な伸びを示したウォーカー・ヘイズ「Fancy Like」は、キャリア初のトップ5入りを果たしています。 元来TikTok…

(訂正あり) 東京オリンピック終了、そしてお盆の時期突入にもかかわらずSpotify再生回数がダウンに転じた件について

(※追記(8月31日):弊ブログにてこれまで、「Stay」の表記をザ・キッド・ラロイ feat. ジャスティン・ビーバーと記載しておりましたが、正しくはザ・キッド・ラロイ with ジャスティン・ビーバーでした。訂正してお詫びいたします。) 日本におけるSpotifyのデ…

(訂正あり) 全米制覇のザ・キッド・ラロイ with ジャスティン・ビーバー「Stay」が日本でもヒットの兆し…その理由とは

(※追記(8月31日):弊ブログにてこれまで、「Stay」の表記をザ・キッド・ラロイ feat. ジャスティン・ビーバーと記載しておりましたが、正しくはザ・キッド・ラロイ with ジャスティン・ビーバーでした。訂正してお詫びいたします。) 最新8月11日公開(8月16日…

囁かれるロックの復権…支えるのはTikTok、そしてヒップホップ?

ロックの復権が囁かれています。最新7月3日付米ビルボードアルバムチャートで首位返り咲きを果たしたオリヴィア・ロドリゴ『Sour』について、音楽ジャーナリストの柴那典さんがこのような言葉を用いているのです。 収録曲もストリーミングサービスのグローバ…

【ヒットの予感】TikTok先行公開、Wurts「分かってないよ」のミュージックビデオが見事

最新5月12日公開(5月17日付)ビルボードジャパンソングスチャートで79位に初登場を果たしたWurts「分かってないよ」に注目(ワーツ、と読みます)。ストリーミングは77位に入り総合チャートランクインの原動力となっていますが、次週この指標がさらに伸びると推…

Spotifyバイラルチャートを制したあたらよ「10月無口な君を忘れる」、動画先行公開は新たなヒットの形となるか

最新4月19日付の日本におけるSpotifyバイラルチャート、あたらよ「10月無口な君を忘れる」が初登場で首位を獲得しました。チャートはこちらで確認できます。 上記ミュージックビデオはあたらよにとって初の動画。この曲はしばらくの間ミュージックビデオのみ…

音楽番組の流行先取りが加速? BLOOM VASEの『ミュージックステーション』初出演を考える

明後日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日)にBLOOM VASEが出演します。 次回のMステは、3月26日(金)よる9時からあいみょん/Sexy Zone/秋山黄色/川崎鷹也/BLOOM VASE/東京スカパラダイスオーケストラfeat.川上洋平が登場お楽しみに✨✨ — mu…

カリ・ウチス、ギヴィオン…グラミー候補者による動画公開タイミングに注目

昨日は米ビルボードソングスチャートの見方について紹介しました。最後の方には、以前紹介したグローバルチャートについてのリンクもあります。 ここで用いた発表スケジュールおよび集計期間を踏まえれば、現在開催中のグラミー賞が反映されるのは3月27日付…

あいみょん、優里、森山直太朗…2021年に桜ソングが復活の気配、その理由を考える

桜ソングが増えていると思うのです。 既にシングル的位置付けの曲が複数登場。下記のSpotifyプレイリストには2月24日朝の段階で8曲取り上げていますが、後述する新動画の元曲を加えれば二桁に達しています。

BTS「Dynamite」は今がピークの一方、ビルボードジャパンソングスチャート2位どまりの理由は

BTS「Dynamite」の勢いが凄まじい…そう書くと、知ってるよ!というツッコミが殺到しそうですが、しかし今になってもその勢いが絶えないどころか、さらに増していると言えるのです。

音楽関係者による映像・音声配信が続々…"音楽番組の復活"を歓迎する

音楽評論や分析をする方による、映像もしくは音声コンテンツを使った発信が増えてきている印象があります。偶然かもしれませんが、同時期に発信を開始しているのです。

嵐「Whenever You Call」、様々な施策がチャートアクション最大化につながっていく

嵐が昨日リリースした新曲、「Whenever You Call」が素晴らしいですね。 楽曲が公開されると音楽関係者を中心に絶賛の声が寄せられています。 嵐の新曲、凄く良い。本当にDマイルの関与がキモだと思う。ブルーノ・マーズ+Dマイルといえばチャーリー・ウィル…

今夜Tani Yuukiが登場するTHE FIRST TAKE、その人選や選曲からチャンネルのステップアップを感じる

Tani Yuuki「Myra」がビルボードジャパンソングスチャートで好調に推移しています。 「Myra」は3月にショートバージョンがYouTubeで配信されるとTikTok等で人気が拡がり、レコード会社や芸能事務所未所属の瑛人さんによる「香水」を配信してビルボードジャパ…

ジェイソン・デルーロ & ジョーシュ・シックスエイトファイヴ「Savage Love (Laxed - Siren Beat)」はTikTokを使った新しいヒットの形となるか

先週木曜、リアルサウンドへ記事を寄稿しました。 【執筆のご報告】チャーリー・プースが先月下旬にリリースした「Girlfriend」について書きました。今年はレノン・ステラに客演参加した「Summer Feelings」がラジオヒット中、また「See You Again」の再浮上…

あいみょん「裸の心」が勢いをキープする理由とは? 6月22日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 6月8~14日を集計期間とする6月22日付ビルボードジャパンソングスチャート。YOASOBI「夜に駆ける」の4連覇を阻んだのはKing & Prince「Mazy Night」でした。 【ビルボード…

遂に首位を獲得したYOASOBI「夜に駆ける」の勢いの凄さ、そして”愛される動画”が今のヒットの共通点? 6月1日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を、ソングスチャート中心に紹介します。 5月18~24日を集計期間とする6月1日付ビルボードジャパンソングスチャート。前週初の首位に立った瑛人「香水」はポイントを伸ばしながら3位にダウ…

サブスクで人気の瑛人「香水」はSpotifyで未だ首位ならず? サブスクサービスを比較すると面白い特徴がみえてくる

最新5月18日付ビルボードジャパンソングスチャートではサブスクの再生回数に基づくストリーミング指標で瑛人「香水」が、12週首位をキープしていたOfficial髭男「I LOVE…」からその座を奪ったことを先週お伝えしました(→こちら)。今週水曜に発表される5月25…