イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングチャートなどを紹介します。

THE FIRST TAKE

(追記あり)『ミュージックステーション』初出演のDa-iCE…"J-POPを極める"こととチャートへの結実について

(※追記(5月16日19時04分):記載内容(ハッシュタグ)に誤りがありました。エントリーの後半にて『Da-iCE側はこの法則を理解の上で、"#ダンスくる恋ダンス"を意識して投入しているかもしれません。』と書きましたが、『Da-iCE側はこの法則を理解の上で、"#ダイ…

KAMIGATA BOYZ「無責任でええじゃないかLOVE」、金曜にデジタルリリースしたことが興味深い

STARTO ENTERTAINMENT(旧ジャニーズ事務所)所属で関西発の3組(SUPER EIGHT、WEST.およびなにわ男子)によるユニット、KAMIGATA BOYZが「無責任でええじゃないかLOVE」を昨日リリース。以前公開されたティザー(ティーザー)と実際の曲のギャップも話題となって…

【ビルボードジャパン最新動向】ポイント前週比1.5倍のCreepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」、2万ポイント突破の要因とは

最新3月20日公開分(集計期間:3月11~17日)のビルボードジャパンソングチャートでは、Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」が8連覇を達成。ポイント前週比151.0%を記録した今回、興味深い記録が複数みられています。 連続首位獲得記録および各指標の動向に…

Global 200初のトップ10入り、Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」上昇の要因とは

米ビルボードが2020年に新設したグローバルチャート、最新3月23日付においてCreepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」がGlobal 200で13→8位、Global 200から米の分を除くGlobal Excl. U.S.では6→3位に上昇しています。 This week's #Global200 top 10 (chart dat…

前週および当週の上位初進出曲、CHART insightから真のヒット曲に成るかを読む (2024年2月28日公開分)

今回のエントリーでは、ビルボードジャパンソングチャートにおいて前週上位に初めて進出した曲の翌週動向、そして最新週における上位初進出曲の状況をチェックし、真の社会的ヒット曲に成るかを読みます。 前週のエントリーはこちら。 ビルボードジャパンの…

アリアナ・グランデ「Yes, And?」2バージョン登場を機に、チャートポリシー変更提案を再掲する

1月末以降のエントリーにて、arne代表の松島功さんによるポストを踏まえた下記エントリー群を掲載しています。ここでは”洋楽”について、松島さんによる問題提起に合わせる形で”K-POPを除く”と定義しています。 またこの流れで、先月開催されたグラミー賞にて…

前週および当週の上位初進出曲、CHART insightから真のヒット曲に成るかを読む (2024年2月14日公開分)

今回のエントリーでは、ビルボードジャパンソングチャートにおいて前週上位に初めて進出した曲の翌週動向、そして最新週における上位初進出曲の状況をチェックし、真の社会的ヒット曲に成るかを読みます。 前週のエントリーはこちら。 ビルボードジャパンの…

【ビルボードジャパン最新動向】羊文学「more than words」、ポイント4割近い上昇の背景について

最新12月20日公開分のビルボードジャパンソングチャート(集計期間:12月11~17日)では、Ado「唱」が2週ぶり、通算11週目となる首位を獲得しました。 【ビルボード】Ado「唱」11度目の総合首位で返り咲き、BUMP OF CHICKENの新曲が8位デビュー https://t.co/9…

「ちゅ、多様性。」「オトナブルー」の流行、その肌感覚と音楽チャートとの差から考えること

本日はビルボードジャパン各種チャートの更新日。Mrs.GREEN APPLEがアルバム『ANTENNA』の初登場に伴いトップアーティストチャート(Artist 100)をはじめて制するかに注目です。この点については先日記載しています。 さて今回は、上記エントリーでも紹介した…

カラオケでの”年齢層の価値観や嗜好の違いが小さくなり歌える曲が増加傾向”の理由を、「サウダージ」を例に考える

4月27日に登場したこちらの記事が、音楽分析者の間で話題となっています。 この記事について、noteプロデューサー/ブロガーの徳力基彦さんが記事公開の翌日に早速noteにて紹介しています。 そしてnoteのアップと同じ4月28日に徳力さんが実施したTwitterのス…

Stray Kidsがビルボードジャパントップアーティストチャートを制する前から好調に推移していた理由を探る

最新3月1日公開分のビルボードジャパンによるトップアーティストチャート(Artist 100)はStray Kidsが制しました。日本でのファーストアルバムとなった『THE SOUND』が最新のアルバムチャートを制したことに伴うものです。 【ビルボード】Stray Kids『THE SOU…

星街すいせいや「酔いどれ知らず」のチャートアクションから、動画投稿作品の社会的ヒットに必要なことを考える

最新2月1日公開分のビルボードジャパンソングチャートにおいて、Kanaria「酔いどれ知らず」が42位に上昇しています。 【ビルボードジャパンCHART insight 最新週トピックス】2月1日公開分ソングチャートでは #Kanaria「#酔いどれ知らず」が42位に入り同曲初…

(訂正あり) 星街すいせいのTHE FIRST TAKE、back number『ユーモア』のSpotify成績を踏まえた音楽チャートへの改善要望

(※訂正(8時13分):back numberのアルバム『ユーモア』の発売日を1月18日水曜と記載していましたが、正しくは1月17日火曜でした。訂正し、お詫び申し上げます。) ビルボードジャパンは一昨日、最新チャートをCHART insightにて13時過ぎに発表して間もなく、訂…

VTuber星街すいせいの登場や『おかえり音楽室』OAから、THE FIRST TAKEの可能性と音楽業界の未来を期待する

一昨日、YouTubeチャンネルのTHE FIRST TAKEにVTuberの星街すいせいさんが登場し、大きな話題を集めています。 ⠀ THE FIRST TAKE× 星街すいせい ⠀ ⠀ ⠀ OUT AT ⠀⠀ "FRIDAY"⠀ ⠀ ⠀ 22:00▶︎ https://t.co/xVntU38xyy ・@suisei_hosimati ・#THEFIRSTTAKE pic.twi…

紅白出場決定、milet×Aimer×幾田りら「おもかげ (produced by Vaundy)」のパフォーマンスがもたらす"箔付け"とは

『NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)の追加出演者がこの1週間ちょっとの間に続々発表されていますが、一昨日の発表にはそうきたかと唸らされました。 /#milet×#Aimer×#幾田りら×#Vaundy紅組出場決定!\「第73回 #NHK紅白 歌合戦」に、milet×Aimer×幾田りら、そ…

(訂正あり) ポルノグラフィティ「サウダージ」をソングチャート100位以内登場に導いたデジタル環境の整備

(※訂正(10時15分) 曲名に誤りがありました。正しくは「サウダージ」であり、すべて訂正させていただきました。ご指摘をくださった方に感謝申し上げます。そして誤記載について、心よりお詫び申し上げます。) 2000年9月にフィジカルリリースされ、キャリア初…

優里「おにごっこ」がTHE FIRST TAKEで"初解禁&初披露"…チャンネルや歌手側の意図がみえてくる

昨日はアヴリル・ラヴィーンの出演が話題になったTHE FIRST TAKE。その前の回で披露されたのは優里さんの新曲「おにごっこ」でした。 本日午前5時の段階で既に450万回再生を突破した「おにごっこ」、実はTHE FIRST TAKEで初解禁および初披露された作品となり…

「ココロオドル」のリバイバルヒットの一因は合算基準にも…ビルボードジャパンは今一度チャートポリシーを見直すべき

nobodyknows+による2004年のシングル、「ココロオドル」がリバイバルヒットに至っています。 上記はビルボードジャパンのCHART insight、直近の11週分を示したもの。前週100位未満ながら300位圏内にランクインしたnobodyknows+「ココロオドル」は今週23位に…

ハリー・スタイルズのTHE FIRST TAKE出演で考える、K-Popを除く洋楽への”ドメスティック”な対応の疑問

今週月曜、日本の人気YouTubeチャンネルにハリー・スタイルズが登場しました。 【#THEFIRSTTAKE】ーNo.225ハリー・スタイルズ「Boyfriends」が公開ー白いスタジオに置かれた、一本のマイク。ここでのルールは、ただ一つ。一発撮りのパフォーマンスをすること…

YOASOBI、再浮上なるか…ビルボードジャパンのArtist 100を踏まえた最近の動向と今後の推測

【YOASOBI、再浮上なるか】…今回のブログエントリーにおけるタイトルの表現に違和感を覚える方は少なくないかもしれません。2020年に大ブレイクを果たしサブスク時代を席捲する二人組を、ともすれば否定しかねない表現なのですから。しかしチャートアクショ…

【ビルボードジャパン最新動向】「炎」に並ぶ8週首位を達成、Aimer 「残響散歌」好調キープの内的要因

最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 2月14~20日を集計期間とする2月23日公開(2月28日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。Aimer「残響散歌」が6週連続、通算8週目の首位を獲得しました。 【ビルボード】Aimer…

【ビルボードジャパン最新動向】「残響散歌」7週首位のAimer、トップ20に4曲送り込んだ優里…見事な施策に唸る

最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 2月7~13日を集計期間とする2月16日公開(2月21日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。Aimer「残響散歌」が5週連続、通算7週目の首位を獲得しました。 【ビルボード】Aimer「…

次週のビルボードジャパン首位争いは確実…Aimer「残響散歌」のスケジュールの凄さに唸る

Aimerさん、無双状態です。 Billboard JAPAN 02/14付 Hot 100 最終予想#Aimer「#残響散歌」の4連覇&V6は決定的。#BEFIRST「#BraveGeneration」は非常に予想が難しいが2位におく。以下は僅差だが、当週も #KingGnu「#一途」「#逆夢」#マカロニえんぴつ「#な…

ジャニーズ曲のサブスク解禁待望論が登場…SixTONESによるTHE FIRST TAKEのチャート動向からこの論を後押しする

昨日、突如としてジャニーズ事務所所属歌手のサブスク解禁待望論がSNSに沸き上がりました。待望論登場の理由は下記ツイートで紹介していますが、このサブスク解禁待望論は幾度となくこのブログで申し上げていることです。たとえば昨年度におけるジャニーズ関…

THE FIRST TAKEに本日再登場のSixTONES、「Imitation Rain」の動向からデジタル解禁を考える

本日22時公開のTHE FIRST TAKEに、SixTONESが二度目の登場を果たします。 ⠀ THE FIRST TAKE⠀ ⠀ ⠀ OUT AT ⠀⠀ "WEDNESDAY"⠀ ⠀ ⠀ 22:00▶︎ https://t.co/xVntU38xyy・#THEFIRSTTAKE pic.twitter.com/LT3bs6C8He — THE FIRST TAKE (@The_FirstTake) 2022年1月11日…

SixTONESがTHE FIRST TAKEに登場…この状況は異例か、それともジャニーズ事務所2022年の意志の投影か

本日のブログは一昨日放映された『NHK紅白歌合戦』について書く予定でしたが、昨日公開されたこちらの動画に触れないわけにはいきません。 ⠀ THE FIRST TAKE⠀ ⠀ ⠀ OUT AT ⠀⠀ "TODAY"⠀ ⠀ 22:00▶︎ https://t.co/xVntU38xyy ・#THEFIRSTTAKE pic.twitter.com/Gp…

2021年度もYOASOBIが強かった…Spotifyでその勢いの凄まじさを確認する

2021年度のビルボードジャパン年間チャートは来週の今日、午前4時に発表されます。その中で、年間アーティストランキングを制するかもしれないのがYOASOBI。一昨日に新しいEP『THE BOOK 2』をリリースし、明日明後日は日本武道館を控える彼らが、2022年度に…

Spotifyにおける"50位の壁"、ビルボードジャパンソングスチャートへの反映具合を確認する

月曜のブログエントリーに沢山の反響をいただきました。心より感謝申し上げます。 Spotify急落についての疑問を提示した後に様々なご指摘をいただいたことで、急落さらには急浮上において50位の壁が大きいこと、それが急落においては自然なリカレントルール…

With ensembleはTHE FIRST TAKE的? 新たなYouTubeチャンネルの登場に心躍る

先週突如登場したYouTubeチャンネル、要注目です。 アーティストとオーケストラのコラボ演奏届けるYouTubeチャンネル始動、第1弾は優里(動画あり / コメントあり)https://t.co/aTbAJq04pr#優里 #Withensemble — 音楽ナタリー (@natalie_mu) 2021年6月3日

【ヒットの予感】Da-iCE「CITRUS」最高位更新しロングヒットの道へ…メディア出演はいつ

Da-iCE「CITRUS」が自己最高位を更新しています。