イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

チャート分析

土曜のSpotifyデイリー再生回数が前日比、前週比共にダウン…連休の影響だけではない、その理由は

Spotifyにてちょっとした異変が起きています。いや、この異変はサブスクのデジタルプラットフォーム全体に当てはまることかもしれません。

歌手のファンが行う【ビルボード活動】、どの指標を伸ばすことが最善かを考える

先日取り上げたブログエントリーに多くのアクセスをいただきました。感謝申し上げます。 【#イマオト ブログ更新】先日、#NEWS「#BURN」のチャートアクションやジャニーズ事務所所属歌手のチャート動向を記したところ、4万を超えるインプレッションをいただ…

3曲2万ポイント台も有り得た? 最新チャートにおけるSnow ManおよびBTSの動向を押さえる

7月21日公開(7月26日付)ビルボードジャパンソングスチャートを制したSnow Man「HELLO HELLO」は、今年下半期以降で最大となる31290ポイントを獲得しました。一方で前週まで2週連続、通算4週間首位を獲得したBTS「Butter」は100位以内登場9週目にして初めて2…

優里「シャッター」がヒットの兆し...歌手としての勢いの凄まじさを検証する

最新7月21日公開(7月26日付)ビルボードジャパンソングスチャートにおいて、登場2週目の優里「シャッター」が上昇しています。

【ビルボード最新動向】ラジオはサブスクに明るくなってほしい…桑田佳祐「SMILE~晴れ渡る空のように~」から考える

毎週木曜は、最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 7月12~18日を集計期間とする7月21日公開(7月26日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。BTS「Butter」が3位に後退、2位には2週連続で彼らの「Permission To Danc…

「Permission To Dance」の初週チャート動向等を踏まえ、米におけるBTSの浸透度への私見や提案を記す

最新の米ビルボードソングスチャート、BTS「Permission To Dance」が初登場で首位を獲得しました。 BTSが首位を獲得すると、とりわけ世界中でSNSが盛り上がります。今回も、「Permission To Dance」の首位獲得がひと目で解るハッシュタグが登場しました(下記…

トップカルチャーによるレンタル事業撤退への理解と、業界全体のレンタル事業継続を願うべく様々な提案を記す

怖れていた事態が起きた、というのが率直な私見です。なおこのブログでは主に音楽の話題を取り上げていることから、CDをメインに記載します。 カルチュア・コンビニエンス・クラブのTSUTAYAチェーンにおいて、最大のフランチャイズ加盟会社として、1都9県で…

YOASOBIに「Cry Baby」、「napori」そして「ツキミソウ」...以前紹介した作品の最新動向をチェック

7月3日の音楽特番で注目を集めたOfficial髭男dism「Cry Baby」、7月4日の配信ライブが多くの方に視聴されたYOASOBI。最新7月14日公開(7月19日付)ビルボードジャパンソングスチャートにおいて共に、その勢いが反映されました。作品および歌手の動向は以前から…

【ビルボード最新動向】日米連覇達成のBTS「Butter」、しかしヒットの仕方は大きく異なる

毎週木曜は、最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 7月5~11日を集計期間とする7月14日公開(7月19日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。BTS「Butter」が2週連続、通算4週目の首位を獲得したのみならず2位には自…

YOASOBI・Official髭男dism「Cry Baby」…メディアパフォーマンスによって高まった勢いは1週間持続する

メディアでのパフォーマンスが曲の勢いを増す例として、「三原色」を中心としたYOASOBI、そしてOfficial髭男dism「Cry Baby」について今月取り上げました。 このメディアパフォーマンスによって高まった勢いは、およそ1週間持続していることをSpotifyが示し…

ビルボードジャパンのサービス、CHART insightの個人的な見方を記す

先日、自分のツイートで小さなバズが発生しました。 今年度リリースされたジャニーズ事務所所属歌手のシングル16曲について、フィジカルセールス初加算から3週分の総合および各指標の動向を添付しました。特筆すべき項目は。・近年デビュー組やベテランでも…

Official髭男dism「Cry Baby」が再びトップ10入り…テレビ初披露を機に大ヒットのフェーズへ突入か

歌手によるメディアでのパフォーマンスが音楽チャートを浮上する大きなきっかけになる、そんな直近の事例を紹介します。 7月14日公開(7月19日付)ビルボードジャパンソングスチャートの構成指標のひとつ、ストリーミングではYOASOBIの各曲が上昇。 2位は、202…

YOASOBI、英語詞リリースで見つけた鉱脈…合算により日本で、そして世界でも飛躍へ

最新7月7日公開(7月12日付)ビルボードジャパンソングスチャートではYOASOBI「夜に駆ける」が5位に躍進。ポイントが前週から5割増となり、トップ10内には3週ぶり、トップ5となると4月21日公開(4月26日付)以来2ヶ月半ぶりに返り咲きを果たしました。

(追記あり)【ビルボード最新動向】NEWS「BURN」が首位を逃した、星野源「不思議」がトップ10落ちした理由とは

(※追記(7月9日7時27分):ジャニーズ事務所所属歌手が今年度にリリースしたシングル16曲について、フィジカルセールス初加算を含む3週分のチャート動向を追記しました。) 毎週木曜は、最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 6月2…

配信ライブ『SING YOUR WORLD』が生み出したYOASOBIの勢い、Spotifyで確認する

コアなファンと楽しさを共有し、ライト層をどんどんコアなファンに昇華させていく…そんなエンゲージメントの確立に最も長けている歌手といえばYOASOBI。7月4日にYouTubeで配信されたライブ『SING YOUR WORLD』はTwitterでもトレンド入りし、同時接続者数うは…

(追記あり) ロングヒット中のDa-iCE「CITRUS」、さらなる押し上げに必要なのはレンタル需要喚起である

(※追記(21時14分):ブログ執筆段階で『音楽の日』(TBS)の出演者はまだ発表されておりませんでした。一部文言を訂正し、お詫び申し上げます。) 地上波テレビ番組における長時間音楽特番が花盛りとなりました。今後はフジテレビ『FNS歌謡祭 夏』が14日水曜、TB…

「きらり」「三原色」…新たに用意されるCMソングがヒットする状況を踏まえ、企業の攻めの姿勢を願う

7月2日にリリースされた、YOASOBI「三原色」が好調です。 NTTドコモ"ahamo"CMソングとして春からOAされている「三原色」。日本のSpotifyデイリーチャートでは7月2日付で20位を記録し、iTunes Storeではリリース日の午前2時以降毎時首位を記録し続けています。…

米津玄師「死神」の音源解禁遅らせ等、デジタル解禁に対する姿勢をあらためて考える

前週、6月23日公開(6月28日付)ビルボードジャパンソングスチャートを制したのは米津玄師「Pale Blue」でした。フィジカルセールス初加算が大きく影響していたのですが、しかしそのフィジカルリリース日にカップリング曲の「死神」は配信されませんでした。 …

【ビルボード最新動向】依然好調をキープ、BTS「Butter」6週間の動向を追う

毎週木曜は、最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 6月21~27日を集計期間とする6月30日公開(7月5日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。フィジカルセールス初加算に伴い、星野源「不思議」が初の首位を獲得しま…

囁かれるロックの復権…支えるのはTikTok、そしてヒップホップ?

ロックの復権が囁かれています。最新7月3日付米ビルボードアルバムチャートで首位返り咲きを果たしたオリヴィア・ロドリゴ『Sour』について、音楽ジャーナリストの柴那典さんがこのような言葉を用いているのです。 収録曲もストリーミングサービスのグローバ…

シングルのフィジカル化で目立つダブルAサイド、チャート面においては注意が必要

最新6月23日公開(6月28日付)ビルボードジャパンソングスチャートでは9位に三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「100 SEASONS」が急上昇。フィジカルセールス初加算に伴い、同指標がポイント全体の8割以上を獲得しています。 しかし「100 SEASONS」では…

Snow Man「HELLO HELLO」が最新チャートでストリーミング指標を獲得した件について考える

最新6月23日公開(6月28日付)ビルボードジャパンソングスチャートで興味深い動きが。Snow Man「HELLO HELLO」において、ストリーミング指標が300位以内に入っているのです。この指標はサブスク等の再生回数に基づいています。

(追記あり)『BTS, THE BEST』、フィジカルが『STRAY SHEEP』を超えるもダウンロード数が大きく異なる理由とは

(※追記(6月26日6時32分):『韓国語アルバムの日本国内盤があまり出ていない点』について、ブログ宛に回答をいただきました。引用許可をいただきましたので掲載させていただきます。ご回答をいただき、心より感謝申し上げます。) 6月23日公開(6月28日付)ビル…

【ビルボード最新動向】NMB48、米津玄師にフィジカルで勝るも総合で大差がついた理由は

毎週木曜は、最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 6月14~20日を集計期間とする6月23日公開(6月28日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。フィジカルセールス初加算に伴い、米津玄師「Pale Blue」が初の首位を獲…

ベストアルバムが大ヒット中のBTS、この1ヶ月強で二度のピークが生まれている

BTSのベストアルバム『BTS, THE BEST』がとんでもないことになっています。 #BTS『#BTSTHEBEST』の初週フィジカルセールスは #米津玄師『#STRAYSHEEP』の881576枚以来となる初週80万枚超えを記録。個人的にはダウンロード数が気になります。なお『STRAY SHEE…

BTS「Butter」に勝利…サザンオールスターズ「真夏の果実」がラジオ指標2位に急浮上した理由

最新6月16日公開(6月21日付)ビルボードジャパンソングスチャートにおいて、31年前にリリースされたサザンオールスターズ「真夏の果実」が総合61位に浮上しています。 この躍進を支えるのがラジオであり、同指標では米津玄師「Pale Blue」に次ぐ2位。「真夏の…

BTS「Butter」、アメリカでのヒットは日本やグローバルと異なる? その理由とは

BTS「Butter」が全世界的に首位を記録しています。しかし、チャートを構成する指標をみると、世界や日本とアメリカとではその内容が大きく異なります。言い換えれば、米においては「Butter」が未だセールスに頼っているという側面が見て取れるのです。

【ビルボード最新動向】首位獲得も乃木坂46は日向坂46に敗れる? 「Pale Blue」は好調をキープ

毎週木曜は、最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 6月7~13日を集計期間とする6月16日公開(6月21日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。フィジカルセールス初加算に伴い、乃木坂46「ごめんねFingers crossed」が…

米津玄師やワンオクが初登場したグローバルチャートをおさらい…日本人歌手が存在感を示すには

最近のビルボードジャパン発によるツイートで、大きな伸びを示しているのがこちら。 米津玄師/ONE OK ROCKが米ビルボード・グローバル・チャート入り https://t.co/2c60T72Jl6 pic.twitter.com/4ZjRJ4WuJS — Billboard JAPAN (@Billboard_JAPAN) 2021年6月1…

実は隠れた人気曲…ビルボードジャパンソングスチャートで「ラジオ体操 第1」がヒットする理由

音楽チャートをチェックしていくと時折興味深い動きに遭遇します。その気付きを与えてくれるのが、ビルボードジャパンのCHART insightという機能。是非体感していただきたいと思います。 「所有」と「接触」を組み合わせたヒットチャートは日本ではまだまだ…