イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

チャート分析

『HELP EVER HURT NEVER』『アンコール』が急浮上…ロングヒットするアルバムの動向を読む

最新10月13日公開(10月18日付)ビルボードジャパンアルバムチャートでは、藤井風『HELP EVER HURT NEVER』(2020)が44→13位、back numberのベストアルバム『アンコール』(2016)が85→15位に躍進。2作品とも、メディアへの登場が大きく影響しています。 藤井は10…

【ビルボード最新動向】「恋降る月夜に君想ふ」「根も葉もRumor」の最新動向にデジタルの重要性をみる

毎週木曜は、最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 10月4~10日を集計期間とする10月13日公開(10月18日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。フィジカル関連指標初加算に伴い、King & Prince「恋降る月夜に君想ふ…

【グローバルチャート】「Stay」が首位返り咲き、TWICEやLISAもランクインしたK-Popの勢いを実感する

毎週水曜は、米ビルボードが昨年新設したグローバルチャートについてお伝えします。 200を超える地域の主要デジタルプラットフォームによるストリーミングとデジタルダウンロードで構成され歌手のホームページでの販売分を含まないグローバルチャート。10月1…

コールドプレイ & BTS「My Universe」のチャート動向を読み、ビルボードジャパンのコラムに違和感を表明する

最新10月6日公開(10月11日付)ビルボードジャパンソングスチャートでは、コールドプレイ & BTS「My Universe」が6ランク上昇しトップ3に到達しました。 上昇の理由は、「My Universe」のリリースが日本時間の9月24日13時であり、前週のチャートにおいてはTwi…

back number、最新ソングスチャートで2曲トップ5入り…2010年以前デビュー歌手のサブスク人気を考える

10月6日公開(10月11日付)ビルボードジャパンソングスチャートで2位に初登場を果たしたback number「黄色」。カラオケを除く7指標が100位以内にランクインし、突出したフィジカルセールスで総合首位に立ったAKB48「根も葉もRumor」とは大きく異なる動きをみせ…

(追記あり) 今年度最大のフィジカルセールス、Snow Man『Snow Mania S1』の勢いがソングスチャートに波及していない理由とは

(※追記(11時00分):いただいたご指摘を反映し、その上で私見を記載しました。) 最新10月6日公開(10月11日付)ビルボードジャパンアルバムチャートはSnow Man『Snow Mania S1』が初登場で制しました。 【ビルボード】Snow Man『Snow Mania S1』が総合アルバム…

【ビルボード最新動向】最新ソングスチャートのトップ10を踏まえ、チャートポリシー変更の議論を求める

毎週木曜は、最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 9月27日~10月3日を集計期間とする10月6日公開(10月11日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。フィジカル関連指標初加算に伴い、AKB48「根も葉もRumor」が初登場…

【グローバルチャート】「My Universe」が首位獲得、ニルヴァーナのあの曲が? J-Popの動向もチェック

今回から毎週水曜は、米ビルボードが昨年新設したグローバルチャートについてお伝えします。 今回分けた理由は、まず今週米ビルボードの発表が遅れたことにあります。通常日本時間の月曜早朝までにアルバムチャートを、火曜早朝には米ソングスチャートおよび…

藤井風、和田アキ子…NHKの番組出演から"紅白"出場の可能性を読む

(※ 本日午前7時の時点にて、米ビルボードが最新ソングスチャート速報を発信していません。発表され次第、ブログでも取り上げます。) 9月4日に開催された藤井風さんの無観客配信ライブをメディアが採り上げる機会は多く、一昨日は『関ジャム 完全燃SHOW』(テ…

Spotifyデイリー首位曲、再生回数の大台割れが気掛かり…定額制音楽配信サービスの成長が鈍化?

10月1日金曜の日本におけるSpotifyデイリーチャート、1位の再生回数が20万回を割り込みました。これは由々しき事態ではないかという思いが自分の中で生まれています。Spotifyはビルボードジャパンソングスチャートのストリーミング指標を構成するデジタルプ…

Snow Man『Snow Mania S1』を後押しする動画に注目、一方でソングスチャートへの波及はどうなる

Snow Manが今週リリースしたファーストアルバム『Snow Mania S1』の勢いが凄まじいことになっています。 【先ヨミ】Snow Man『Snow Mania S1』755,956枚を売り上げアルバム首位独走中 https://t.co/Z32XKKmQ7p pic.twitter.com/VYChtrIMwv — Billboard JAPAN…

BE:FIRST「Shining One」のチャート上昇は、様々な角度から注目され支えられているゆえの成果ではないか

最新9月29日公開(10月4日付)ビルボードジャパンソングスチャートで興味深い動きが。BE:FIRST「Shining One」が前週の29位から7ランク上昇し22位へ、そしてポイント前週比は119.0%を記録しています。

【ビルボード最新動向】乃木坂46「君に叱られた」とAKB48「根も葉もRumor」、デジタル先行解禁で生じた差に注目する

毎週木曜は、最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 9月20~26日を集計期間とする9月29日公開(10月4日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。フィジカル関連指標初加算に伴い、乃木坂46「君に叱られた」が首位を獲得…

(訂正あり) Da-iCE「CITRUS」は『ミュージックステーション』に登場して遜色ないヒット曲…音楽番組の改善を求める

(※追記(19時45分):川崎鷹也「魔法の絨毯」のビルボードジャパンによるCHART insightがありましたので追記し、一部訂正を実施しました。Twitterにて教えてくださった紅蓮・疾風さん(ツイートはこちら)に感謝申し上げます。そして当初「魔法の絨毯」のCHART i…

和田アキ子、「YONA YONA DANCE」で紅白復帰を果たすか…チャートにおける出場条件を考える

和田アキ子「YONA YONA DANCE」が支持を広めつつあります。 9月2日にリリースされた「YONA YONA DANCE」はフレデリックが曲提供。フレデリックといえば「オドループ」で知られたバンドですが、一聴すれば間違いなくフレデリック節な中毒性の高いこの曲を、ソ…

【ビルボード最新動向】「Fear」がソングスチャートを制したKis-My-Ft2、デジタル限定解禁した結果から見えてきたこと

毎週木曜は、最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 9月13~19日を集計期間とする9月22日公開(9月27日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。フィジカル関連指標初加算に伴い、Kis-My-Ft2「Fear」が初登場で首位を獲…

ドレイクの米ソングスチャートトップ10寡占から考える、ビルボードへの理解・周知・提言の重要性

昨日つぶやいた内容を掘り下げる形で、本日のブログエントリーをアップします。 レコードメーカーA&Rやライター、コンパイラーそしてDJ等で活躍し、RHYMESTERのメンバーが所属した大学音楽サークルの先輩でもある細田日出夫さんのツイートに、色々と考えを巡…

【ビルボード最新動向】KAT-TUN新曲のチャートアクションから考えるデジタル改善案

毎週木曜は、最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 9月6~12日を集計期間とする9月15日公開(9月20日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。フィジカル関連指標初加算に伴い、KAT-TUN feat. AK-69「We Just Go Hard…

ジャニーズ事務所所属歌手作品のデジタル解禁を希望…これまでの好例を踏まえて提案する

一昨日のブログエントリーでは、ビルボードコラムと称してビルボードジャパンソングスチャートの動画再生指標について紹介し、ビルボードジャパンへの提案も行いました。 その中で、動画再生指標の特徴として最近のジャニーズ事務所所属歌手による曲のチャー…

【ビルボードコラム】ソングスチャート構成指標のひとつ、動画再生指標の3つの特徴と3つの改善案

月曜は不定期で、日米グローバルのビルボードチャートに関するコラムを書いています。 2回続けてソングスチャートを構成する指標について取り上げましたが、そのラジオおよびTwitterは前週発表分(9月8日公開(9月13日付))にてウェイト変更(チャートポリシー変…

グローバルチャートの誕生から1年、YOASOBI「夜に駆ける」がGlobal Excl. U.S.での常時ランクイン達成

このブログでは現在、毎週火曜に米ビルボードおよびグローバルチャートの速報を紹介しています*1。そのグローバルチャートが最新9月11日付において誕生から52週目、丸1年を迎えました。 Global 200およびGlobal Excl. U.S.というふたつのグローバルチャート…

(追記あり)【ビルボード最新動向】ソングスチャートのチャートポリシーが変更…ルックアップとTwitterのウェイト減少を支持する

(※追記(9月17日6時7分):9月8日公開(9月13日付)ビルボードジャパンソングスチャートの順位およびポイントが、9月16日になって訂正されています(詳細はこちら)。ゆえに9月8日公開分におけるポイントや9月1日公開(9月6日付)からのポイント前週比は、訂正前のも…

LINE MUSIC月間ランキング上位を再生回数キャンペーン対象曲が占めたことへの見解、および改善案の提示

LINE MUSICでは毎月上旬、前月の月間ランキングを発表しています。昨日発表された8月度においては私立恵比寿中学「イヤフォン・ライオット」がトップに立ち、Kis-My-Ft2「A10TION」が2位に入りました。 LINE MUSIC、2021年8月は私立恵比寿中学「イヤフォン・…

【ビルボードコラム】ソングスチャート構成指標のひとつ、Twitter指標への私見と代替案の提示

月曜は不定期で、日米グローバルのビルボードチャートに関するコラムを書いていきます。前回はソングスチャートにおけるラジオ指標を取り上げました。 二回目となる今回、同じくソングスチャートの構成要素であるTwitter指標について私見を記します。

(追記・訂正あり) 50週連続トップ50入り、平井大「Stand by me, Stand by you.」がロングヒットした理由

(※追記(9月3日9時28分):今年リリースした曲でのビルボードソングスチャート50位以内ランクインは「Buddy」「MIRROR MIRROR」のほか、1月27日リリースの「題名のない今日」および2月10日にデジタルリリースされたアルバム『Life Goes On』収録の「Romeo+Juli…

【ビルボード最新動向】ジャニーズ・JO1・BE:FIRST…男性アイドル/ダンスボーカルグループの動向をチェックする

毎週木曜は、最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 8月23~29日を集計期間とする9月1日公開(9月6日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。フィジカル関連指標初加算に伴い、Hey! Say! JUMP「群青ランナウェイ」が初…

【ビルボードコラム】ソングスチャート構成指標のひとつ、ラジオとは何か

月曜は不定期で、日米グローバルのビルボードチャートに関するコラムを書いていこうと考えています。第一回目となる今回は、ラジオ指標を取り上げます。 ビルボードジャパンソングスチャートは現在、8つの指標で構成されています。最も新しく導入されたのは…

ヒゲダン祭りが『Editorial』のさらなる上昇につながるか? アルバムの動向を追いかける

昨日開催されたOfficial髭男dismのオンラインでのフリーライブ、わずか4曲のステージながら圧巻の一言に尽きました。 【ライブレポート】Official髭男dismがオンラインライブ開催、東京オペラシティから「アポトーシス」含む4曲届けるhttps://t.co/ZzJHUeoYX…

Spotifyにおける"50位の壁"、ビルボードジャパンソングスチャートへの反映具合を確認する

月曜のブログエントリーに沢山の反響をいただきました。心より感謝申し上げます。 Spotify急落についての疑問を提示した後に様々なご指摘をいただいたことで、急落さらには急浮上において50位の壁が大きいこと、それが急落においては自然なリカレントルール…

【ビルボード最新動向】JO1、BE:FIRSTがワンツーフィニッシュ…さらなる飛躍に向けての課題とは

毎週木曜は、最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 8月16~22日を集計期間とする8月25日公開(8月30日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。フィジカル関連指標初加算に伴い、JO1「REAL」が首位を獲得しました。ま…