イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

NHK紅白歌合戦

『紅白』効果が如実に…特に伸びた曲は? 最新ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 2020年12月21~27日を集計期間とする1月4日付、そして2020年12月28日~2021年1月3日を集計期間とする1月11日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)が1月6日に発表…

最新ビルボードジャパンソングスチャート発表を前に、グローバルチャート・Spotifyから動向を予測する

本日午後、新年最初のビルボードジャパンソングスチャートが発表されます。2週分の発表となるのですが、昨年12月28日月曜からの一週間を集計期間とする最新1月11日付においては米ビルボードによるグローバルチャート、およびSpotifyデイリーチャートから注目…

『NHK紅白歌合戦』はSpotifyにどう影響を及ぼしたか? 年末年始の動向を追う

昨年大晦日放送の『NHK紅白歌合戦』、後半のリアルタイム視聴率が前年を上回りました。 第71回NHK紅白歌合戦:視聴率3ポイントアップの40.3%で2年ぶりの大台回復 初の無観客開催 https://t.co/QAlh811J8V — MANTANWEB (まんたんウェブ) (@mantanweb) 2021年…

NHKがメディアのあり方を変える? 紅白歌合戦とあたらしいテレビから思うこと

一昨日放送の『NHK紅白歌合戦』については高評価を挙げる声が多く聞こえてきます。Yahoo! JAPANトップページでもそのようなニュースが多く登場しており、仮に視聴率が高くなかったとしても今回の内容は今年以降に活かされてほしいと強く思っています。 紅白…

『NHK紅白歌合戦』出場はゴールではない、次の一年へのスタートである

2021年となりました。今年もよろしくお願いいたします。 昨日放送の『NHK紅白歌合戦』、一昨年よりもかなり良い内容だったと感じています。司会陣の安定っぷり、コロナ禍で無観客となったことで演出を減らした分歌へのフォーカスが多くなったこと、そしてパ…

記事掲載のお知らせ、そして今年のブログエントリーを振り返る

今日からこのブログの毎日更新が7年目に入りました。読んでくださる皆さんに、心より感謝申し上げます。 そして大晦日の今日、『NHK紅白歌合戦』に関する記事が掲載されました。 いつも白が勝っちゃうけど…紅白歌合戦の白組と紅組、「チャート的」にはどっち…

今年の『NHK紅白歌合戦』出場歌手選考方法や出場/落選歌手に関する私見(8+1)

16日月曜、今年の『NHK紅白歌合戦』(以下、紅白)出場者が発表されました。 第71回NHK紅白歌合戦・出場歌手が決定!出場歌手は42組。初出場は紅組が6組、白組が3組、企画が1組、合わせて10組です。紅白の最新情報はこちら▼https://t.co/T7VyL1HOMh#NHK紅白 pi…

(追記あり) DISH//「猫」は実は大ヒット曲? 2バージョンのチャート推移をまとめ、ビルボードジャパンの複数バージョン合算化を希望する

昨日のブログエントリーでも紹介しましたが、DISH//「猫」が9月28日付ビルボードジャパンソングスチャートのストリーミング指標において、再生回数が前週比125%を記録しています。この上昇の要因となったのは集計期間2日前に放送された『THE MUSIC DAY』(日…

紅白効果はサブスクリプションサービス再生回数に如実に表れた…1月6日・1月13日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。 昨年12月23~29日を集計期間とする1月6日付、および12月30日~1月5日を集計期間とする1月13日付ビルボードジャパンソングスチャートを共に制したの…

『NHK紅白歌合戦』はビルボードジャパンソングスチャートのどの指標に影響を及ぼすのか

昨年大晦日の『NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)の視聴率が芳しくないことを機に、低調の予兆はあった云々の記事がスポーツ誌を中心に登場していますが、そのような後出しジャンケンをして咎めるよりも、内容を客観的に精査した上で"ならばどうすべきだったか、…

今年の『NHK紅白歌合戦』出場/不出場についての私見をまとめてみる

今年の『NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)の出場歌手一覧が先週発表されました。このラインアップから思うことを書き綴ります。 まずは初登場組について。 初出場となる8組は、ビルボードジャパンソングスチャートを追いかけていれば極めて妥当でありほぼ最善の…

NHK紅白歌合戦の真偽不明情報が浮き彫りにしたネットリテラシー不足問題、その対処法を考える

7年前に触れてきたことを、また取り上げないといけないか…と思ってしまいます。 この2012年の紅白歌合戦では結局、ももいろクローバーZが出場し小林幸子さんが落選。つまりは報道が正しかったと言われればそれまでですが、しかしながら実態不明な関係者発言…

おげんさんの提案を機に考える、今年のNHK紅白歌合戦はこう変わってほしいという願い

一昨日の、昨年の『NHK紅白歌合戦』はかなり良かったと思っています。トピックを挙げればキリがないのですが、おげんさんの提案が素晴らしかったですね。しかしながら。 ハフポストには心底がっかりしました。あの喋りを"苦言"という表現でまとめるのは強引…

キンプリは紅白当確か? アイドルの”真の人気”を見極めるルックアップという指標

昨日発表された、最新10月29日付ビルボードジャパンソングスチャート。 【ビルボード】26.5万枚を売り上げたNMB48「僕だって泣いちゃうよ」が総合首位獲得 BUMP「話がしたいよ」4位、米津「Flamingo」16位に初登場 https://t.co/KGwCYq1Zhh pic.twitter.com/…