イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

チャートポリシー変更

3月15日付ビルボードジャパンソングスチャート、優里「ドライフラワー」が首位を逃した原因はミュージックビデオ? ビルボードジャパンのチャートポリシー変更も望む

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 3月1~7日を集計期間とする3月15日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。Ado「うっせぇわ」が初の首位を獲得しました。 【ビルボード】Ado「うっせぇわ」自身初…

テイラー・スウィフトに続いてYUI「CHE.R.RY」も…ビルボードジャパンの曖昧といえる合算基準を是正するならば

ビルボードジャパンソングスチャートで気になる現象が再び起きています。

ビルボードジャパンソングスチャートが集計方法を変更、3月8日付チャートで大きくポイントを落とした曲とその理由

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 2月22~28日を集計期間とする3月8日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。Kis-My-Ft2「Luv Bias」が22万近いフィジカルセールスを記録し、初登場で総合首位の座…

DISH//「猫」は非合算でテイラー・スウィフトは合算? ビルボードジャパンの合算する/しないの明確化を希望する

最新3月1日付ビルボードジャパンソングスチャートでは総合100位未満(300位圏内)ながら、ラジオ指標で8位に入ったテイラー・スウィフト「Love Story」。この曲のチャート推移(CHART insight)をみると、以前から長きに渡りエントリーしていることが解るのです…

ビルボードジャパンソングスチャートを構成する指標を見直すならば…個人的希望を記す

このブログで毎週、その動向を追いかけているビルボードジャパンソングスチャート。時代に合わせて集計対象となる指標を増やす、もしくは指標毎のウェイトを変えることで、今の社会における真のヒット曲とは何かを常に自問自答されています。 2019年度の終盤…

Eve「廻廻奇譚」、ミュージックビデオの公開タイミングに唸る

ビルボードジャパンソングスチャートは本日集計分より2021年度がスタート。2020年度の年間チャート発表は12月4日金曜午前4時となります。社会的なヒットの鑑たるこのチャートの発表に、注目しない理由はありません。 さて、2021年度からビルボードジャパンソ…

(追記あり) 米ビルボードの”リカレントルール”があのクリスマスソングを除外? チャート動向を注視せよ

11月になりました。彼女の季節がやってきます。 Guess what? ❄️ pic.twitter.com/2IUNkCOyCz — Mariah Carey (@MariahCarey) 2020年11月1日 ハロウィンが終わると街の装飾が一気にクリスマスに変わるかの如く、マライア・キャリーは今年も動画を投稿。今年”…

初登場首位獲得曲が今年量産される理由を米ビルボードが自問自答していた件

米ビルボードソングスチャートはビルボードジャパンとは異なり、初登場で首位を獲得する曲が少ないのが特徴でした。最新10月17日付までにおいてその数は44曲…少ないように見えるのですが、実は今年に入り9曲が初登場首位を成し遂げているのです。44曲のうち2…

新設されたばかりの2つのグローバルチャート、その最新チャート動向からBTS「Dynamite」について考える

米ビルボードが世界的なヒット曲の指標として先週新設した2つのチャートについて、その特徴や疑問点を先週記載しました。 この2つのチャート、グローバルソングスチャート(Global 200)およびグローバルソングスチャートから米を除いたチャート(Global Excl. …

米ビルボードソングスチャート活性化の意味も持つリミックス追加投入、しかしその投入がチャート対策最優先である可能性を懸念する

このブログで毎週追いかけている米ビルボードおよびビルボードジャパンのソングスチャート。この日米のチャートで大きく異なるのが、リミックスバージョンをオリジナルに合算するかしないかという差にあります。合算対象となる米ソングスチャートにおいて、…

BTS「Dynamite」とカーディ・B feat. メーガン・ザ・スタリオン「WAP」の争いの行方は? そして米ビルボードがYouTube取扱を変更…9月19日付米ビルボードソングスチャートをチェック

米ビルボードのソングスチャートをチェック。現地時間の9月14日月曜に発表された9月19日付最新ソングスチャート、初登場から2週連続で首位を獲得していたBTS「Dynamite」は2位へ後退、カーディ・B feat. メーガン・ザ・スタリオン「WAP」が首位に返り咲きま…

ビルボードジャパンのYouTubeデータ取扱変更について、ポッドキャストではさらに細かな説明が行われていた

一昨日発表された9月7日付ビルボードジャパンソングスチャートについて、翌日になってビルボードジャパンがチャートの訂正を実施(欅坂46「誰がその鐘を鳴らすのか?」がダウンロード1→21位に訂正。これに伴い総合ソングスチャートも8→23位となり、9位以下が…

(追記あり) JO1「OH-EH-OH」と三浦春馬「Night Diver」の勝敗を分けたものとは? YouTubeのチャートポリシー変更でチャートは大きく変容?…9月7日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

(※追記 (9月3日19時25分):昨日ビルボードジャパンが発表したダウンロード指標、および総合チャートが本日一部訂正されたため、キャプチャや表を差替しています。) 毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 8月24~…

ビルボードジャパンがチャートポリシー変更をアナウンス、次週発表分よりYouTubeデータの反映方法が細分化されます

ビルボードジャパンのチャートポリシーが変更されます。9月7日付ビルボードジャパンソングスチャートから適用されるため、実のところ8月24日からその変更がはじまっているのです。 ビルボード・ジャパン・チャート、YouTubeデータの取り扱いを2020年9月より…

動画再生指標への疑問に対するビルボードジャパンからの回答と、それを踏まえた上での私見や願いを記す

8月10~16日を集計期間とする8月24日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)ではTwenty★Twenty「smile」がトップに立ったことは昨日お伝えしましたが、今回のソングスチャートに関するビルボードジャパンの記事の中に興味深い箇所が。 『総合順位で…

米ビルボード、バンドルおよびフィジカル施策にメス…素早いチャートポリシー変更を支持する

昨日は米ビルボード最新ソングスチャート速報を紹介しましたが、その数時間後に米ビルボードがチャートポリシー改正を発表しました。開始時期は未定ながら、これは大きな変更となります。 Billboard announces new chart rules: No more merch & ticket bund…

米ビルボードソングスチャートの上昇に貢献するフィジカル施策はドーピング? 今思うことを記す

最新の米ビルボードソングスチャートにおいてはアリアナ・グランデ&ジャスティン・ビーバー「Stuck With U」が初登場で制しましたが、同週3位に「Gooba」を送り込んだシックスナインから不正疑惑を抱かれ、アリアナやジャスティンさらに米ビルボードが反論…

(追記あり) 一発録りシリーズ初の商業化、DISH//「猫 ~THE FIRST TAKE Ver.~」はオリジナルバージョンに合算されない? そのチャート動向に注目

気になる動きが出てきました。 DISH//、1000万再生突破した「猫」THE FIRST TAKEバージョンを配信リリース(動画あり)https://t.co/TYsImkAdG3 #DISH #あいみょん #THEFIRSTTAKE pic.twitter.com/7Bu5AKgBrV — 音楽ナタリー (@natalie_mu) 2020年4月24日 元…

ビルボードジャパンソングスチャートのカラオケ指標集計取り止めで、米津玄師の長期エントリー記録が途絶える?

無論やむを得ないというのは理解出来てはいるものの、ビルボードジャパンソングスチャートを追いかける身としては”恐れていた事態が起きてしまったと”いうのが正直な感想です。 <総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”について>新型コロナウイルス感染拡大…

ザ・ウィークエンド『After Hours』、米チャートでの成功は”究極の正当性評価”なのか?疑問視する理由

今週発表された最新4月4日付米ビルボードチャートにおいて、ザ・ウィークエンドのアルバム『After Hours』および収録曲「Blinding Lights」がアルバム/ソングスの両チャートで制覇しました。収録された14曲全てがソングスチャート80位までにランクインし、ア…

CDリリースから1ヶ月半が経過、あらためてSnow Man「D.D.」とSixTONES「Imitation Rain」のロングヒットや年間ソングスチャート上位進出の可能性を考える

先週水曜に発表された最新3月2日付ビルボードジャパンソングスチャートでは、Snow Man「D.D.」が7位に、SixTONES「Imitation Rain」が9位にランクイン。「D.D.」は5週連続トップ10入り、「Imitation Rain」は返り咲き且つ通算4週目のトップ10入りを果たして…

日本で流行しはじめた新しいバージョンの投入策…ビルボードジャパンのチャートポリシー変更を今こそ願う

一昨日発表された、最新2月17日付ビルボードジャパンソングスチャート。13位にはザ・チェインスモーカーズ feat. 新田真剣佑「Closer」が初登場を果たしました。同日付チャートはこちらに。 指標毎にみると最も順位が高いのはダウンロードの7位。動画は1分半…

米ビルボード、グッズとセットになったアルバム(バンドル)のカウント方法を変更へ…それでもバンドルを認めた理由は

米ビルボードは来年1月3日からアルバムチャートにおいて、アルバムとアルバム以外の商品(グッズ)がセットで販売されたいわゆる"バンドル"についてチャートポリシーを変更します。既に発売された作品も対象となり、2020年1月18日付のチャートから適用されます…

ビルボードジャパンソングスチャートはSpotify導入を機に、より実態に即した社会的ヒットの鑑になっていく

昨日のエントリーでは最新11月18日付ビルボードジャパンソングスチャートについて紹介しましたが、この日(集計期間は11月4~10日)からSpotifyがストリーミング指標に加わっています。 Spotify、ビルボードジャパン・チャートにデータ提供開始 https://t.co/P…

嵐「Turning Up」がトップ10入り、そして次週のチャートからいよいよSpotifyが加算へ…11月11日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点をソングスチャート中心に紹介します。今週のソングスチャートを制したのは=LOVE「ズルいよ ズルいね」でした。 【ビルボード】177,296枚を売り上げた=LOVE「ズルいよ ズルいね」初の総合…

ゴスペルにラップは合わない? 米ビルボードゴスペルチャートからラップが除外されている問題

ゴスペル界、そしてヒップホップ界では先週末リリースされたカニエ・ウェスト『Jesus Is King』が賛否両論を呼んでいるようです。私見を述べるならば、伝統的なゴスペルとは呼びにくいものの、カニエの革新性ーカニエがゴスペルの新しい宗派を作っていると言…

ビルボードジャパンソングスチャートを構成する8つの指標について、ウェイトならびに中身見直しを提案する

弊ブログで毎週その動向を追いかけているビルボードジャパンソングスチャートは、時代毎に集計対象となる指標を増やしたり指標毎のウェイトを変えることで、今の社会の真のヒットとは何かを常に自問自答しています。今年度はカラオケ指標を導入し、チャート…

ビルボードジャパンソングスチャート構成指標のひとつ、Twitter指標への見方が変わりつつあります

今週月曜、三浦大知「片隅」のビルボードジャパンソングスチャートにおけるチャートアクションについて分析した際、比較対象としてTwitterでのファンによるつぶやき活動、いわゆる”ブリ活”を取り上げました。 今月上旬に発表されたビルボードジャパンの上半…

4月8日付ビルボードジャパンソングスチャートで噴出した問題を踏まえ、ビルボードジャパンにあらためて改善を求める

3月25~31日を集計期間とする、4月8日付チャートが昨日発表されたビルボードジャパン。総合ソングスチャートは日向坂46のデビューシングル「キュン」が制しました。 【ビルボード】日向坂46「キュン」が474,893枚を売り上げ総合首位獲得 https://t.co/1QBUQA…

オリコンが今週"合算ランキング"をスタート…ビルボードジャパンには真似すべき点が多数あるのです

オリコンの新たなランキングが今週スタートしました。先週月曜からの1週間を集計期間とする"合算ランキング"、その第1回目の速報が今日4時に発表されました。 SKE48、松井珠理奈の復活作が第1回合算シングルランキング1位に(写真 全2枚)https://t.co/KXRpS…