イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

ビルボードジャパン

スピッツ「チェリー」がカラオケ指標最高位更新…その影響源は、そしてチャート上昇に大切なこととは

スピッツ「チェリー」がカラオケチャートで上昇を続けています。 (上記はCHART insightにおける、「チェリー」直近150週分のチャートアクション。カラオケ指標は緑で表示されます。)

YOASOBI、再浮上なるか…ビルボードジャパンのArtist 100を踏まえた最近の動向と今後の推測

【YOASOBI、再浮上なるか】…今回のブログエントリーにおけるタイトルの表現に違和感を覚える方は少なくないかもしれません。2020年に大ブレイクを果たしサブスク時代を席捲する二人組を、ともすれば否定しかねない表現なのですから。しかしチャートアクショ…

デジタルの未解禁のみならず、後発も未だ多い音楽業界への疑問…Mr.Childrenベストアルバムのチャートアクションから思う

最新5月18日公開分(5月23日付)ビルボードジャパンアルバムチャートは、Mr.Childrenのベストアルバムがワンツーフィニッシュを飾りましたが、そのアルバムチャートの記事では構成3指標のひとつに触れられていません。 総合1位の『Mr.Children 2015-2021 & NOW…

セカオワ「Habit」、リゾ「About Damn Time」…最新日米ソングスチャートでトップ10入りした2曲の共通点

最新5月18日公開分(5月23日付)ビルボードジャパンソングスチャートではSEKAI NO OWARI「Habit」が20→6位に上昇し、同曲初のトップ10入りを果たしました。 この曲のチャートアクションに対し、自分はリゾ「About Damn Time」との共通点を感じています。 最新…

【ビルボードジャパン最新動向】ヒゲダン首位獲得の内的および外的要因、そしてチャートポリシー見直し提案を再掲する

最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 5月9~15日を集計期間とする5月18日公開(5月23日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。Official髭男dism「ミックスナッツ」が登場5週目で初の首位を獲得しました。 【ビルボ…

AWAへの問い合わせに対する回答、そしてビルボードジャパンの二度のチャートポリシー変更についての再考

4月28日付のブログエントリーにて、このようなことを記しました。後に追加した内容も含めて引用します。 なおブログの問い合わせを介して、サブスクサービスのAWAにおけるラウンジを用いたキャンペーンの存在を教えてくださった方がいらっしゃいました。この…

ジャック・ハーロウ、米津玄師、ケンドリック・ラマー…直近の作品における解禁タイミング設定の好施策をまとめる

ここ最近のビルボードジャパンソングスチャートに関するブログエントリーは同社への提案に基づくものが多く、LINE MUSIC再生キャンペーンやフィジカルセールスにおける各種施策が背景にあります。しかし、施策は大なり小なり多くの歌手が取り入れているもの…

高フィジカルセールス記録曲が総合首位獲得も連覇ならず、急落も目立つことを踏まえたビルボードジャパンへの提案

一昨日発表の5月11日公開(5月16日付)ビルボードジャパンソングスチャートではENHYPEN「Tamed-Dashed」が首位を獲得しています。 【ビルボード】ENHYPEN「Tamed-Dashed」386,142枚を売り上げ総合首位、LE SSERAFIM「FEARLESS」総合9位に初登場 https://t.co/C…

【ビルボードジャパン最新動向】再生キャンペーン採用曲を踏まえたチャートポリシー変更への私見と、5つの提案

最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 5月2~8日を集計期間とする5月11日公開(5月16日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。ENHYPEN「Tamed-Dashed」が首位に再登場しました。 【ビルボード】ENHYPEN「Tamed-Dashe…

LINE MUSIC再生キャンペーンのさらなる係数処理適用、カウント除外も含め検討すべき…ビルボードジャパンに問う

ビルボードジャパンは適宜チャートポリシー(集計方法)を変更します。構成指標におけるウエイトの変更においては指標毎の影響力、そしてコアファンとライト層との熱量の乖離を考慮した上で行われています。ビルボードジャパンは、ライト層により響いた作品こ…

【ビルボードジャパン最新動向】なにわ男子「The Answer」、フルバージョン動画投稿で次週以降の動向に注目

最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 4月25日~5月1日を集計期間とする5月4日公開(5月9日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。なにわ男子「The Answer」が初登場で首位を獲得しました。 【ビルボード】なにわ男…

ビルボードジャパン、1ヶ月で2度の大きなミス…決して難しくないであろう問題解決策を提案する

先週木曜までに公開された、4月27日公開分(5月2日付)チャートを紹介したビルボードジャパンによるポッドキャスト最新回。前週公開分で変更されたチャートポリシーについて、前回のポッドキャストをお休みしたチャートディレクターの礒崎誠二さんによる解説を…

公開タイミング、臨場感の演出、フルバージョン…BE:FIRST「Betrayal Game」各種動画の巧さに唸る

時間経過や反応をきちんと意識した、巧みな動画公開ではないでしょうか。 BE:FIRST / Betrayal Game-from "Bye-Good-Bye" One-day One Man Show-https://t.co/xM3ChcwWI0#BEFIRST #BetrayalGame #ByeGoodBye_OneManShow — BE:FIRST (@BEFIRSTofficial) 2022…

ドリカム「大阪LOVER」、サブスク再浮上のきっかけはHiHi Jetsか…ジャニーズとデジタルの相性を考える

ビルボードジャパンソングスチャートにおけるストリーミング指標は総合チャートと比例した動きをなぞり、またロングヒットすることからヒットの鑑に最も近い指標と言えます。なおこの指標についてビルボードジャパンは、再生キャンペーン開催に伴うブースト…

なにわ男子「The Answer」におけるデビュー曲からの方針転換への疑問…フルバージョン動画の重要性を考える

ビルボードジャパンによるソングスチャート、次週5月4日公開分(5月9日付)ではなにわ男子「The Answer」が首位に最も近いと言える状況です。一昨日リリースされたフィジカルシングルは、フラゲ日からの2日間で46万枚以上を売り上げています。 【先ヨミ】なに…

(追記あり)【ビルボードジャパン最新動向】今年度最高ポイント獲得、INI「CALL 119」の指標構成から考えること

(※追記(8時36分):AWAのラウンジについて、コメントをいただきましたので追記しました。) 最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 4月18~24日を集計期間とする4月27日公開(5月2日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100…

フィジカルシングル収録の3曲がトップ10入りする可能性…BE:FIRST「Bye-Good-Bye」のスケジュール戦略を考える

BE:FIRSTの新曲、「Betrayal Game」が一昨日リリースされました。 ドラマ『探偵が早すぎる 春のトリック返し祭り』(読売テレビ/日本テレビ)主題歌。配信された月曜の夜にはミュージックビデオ(上記)も解禁され、またYouTubeはBE:FIRSTを、日本人歌手として4…

"HELP EVER HURT NEVER"や"LOVE ALL SERVE ALL"という思いに触れる…昨日のラジオ【藤井風特集】振り返り

昨日担当したラジオ番組【藤井風】特集、お聴きくださった皆さんに感謝申し上げます。コミュニティFMのサイマル放送が世界中で聴取可能のため、国外の藤井風さんファンからもメッセージやリクエストをいただきました。ラジオやインターネットの力を強く感じ…

IVEのフィジカルセールス未加算/ルックアップ加算現象を踏まえ、ビルボードジャパンにチャートポリシー開示を求める

4月11~17日を集計期間とする最新4月20日公開分(4月25日付)ビルボードジャパンソングスチャートではトップ10内に7曲が初登場。うち5曲が100位以内においても初登場を果たしています。昨日のブログエントリーでは11→4位に躍進した星野源「喜劇」について、ア…

星野源「喜劇」、宇多田ヒカル『BADモード』…前週ブログで取り上げた作品の最新チャート動向を確認する

4月11~17日を集計期間とする最新4月20日公開分(4月25日付)のビルボードジャパンソングスチャートは、トップ10内に7曲が初エントリー。うち5曲が100位以内においても初登場という状況。優里「ドライフラワー」が2020年11月18日公開分(11月23日付)の16位以来…

【ビルボードジャパン最新動向】再生キャンペーンへ対応したビルボードジャパンのチャートポリシー変更を支持する

最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 4月11~17日を集計期間とする4月20日公開(4月25日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。King & Prince「Lovin' you」が初登場で首位を獲得しました。 【ビルボード】King & P…

宇多田ヒカルのフェス出演、藤井風の特番放送…新作を後から盛り上げる動きが登場している件、および私見

日本時間の昨日午前、コーチェラ・フェスティバルに宇多田ヒカルさんが出演し話題となっています。 88risingのショーンに誘われてちょっとコーチェラ出ることになりました‍♀️ライブストリームでも観れるよ、日本時間4/17(日) AM10:45から!HEAD IN THE CLOUD…

「ブラザービート」は「初心LOVE」以来の大ヒットジャニーズ曲となるか? チャートアクションと戦略の類似性を読む

4月13日公開分(4月18日付)ビルボードジャパンソングスチャートでは3位にSnow Man「ブラザービート」がランクイン。前週首位だったこの作品は、2週連続でのトップ3入りを果たしています。 上記CHART insightにて、総合チャートは黒で表示。ジャニーズ事務所所…

『SPY×FAMILY』主題歌の「喜劇」「ミックスナッツ」、解禁日を金曜に設定した理由を考える

Official髭男dismが本日、新曲「ミックスナッツ」を配信しました。 このあと日付変わり0時よりMVプレミア公開そして同時刻より楽曲配信スタートですお楽しみに▼プレミア公開URLhttps://t.co/nWs2pACETn▼LISTEN&DLhttps://t.co/nZh4mW2FTF#ミックスナッツ#SPY…

【ビルボードジャパン最新動向】櫻坂46「五月雨よ」、ソングスチャートを制しながらもライト層取込に疑問を抱く理由

最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 4月4~10日を集計期間とする4月13日公開(4月18日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。櫻坂46「五月雨よ」が初の首位を獲得しました。 【ビルボード】櫻坂46「五月雨よ」452,…

最新のグローバルチャートにおけるJ-Popランクイン数は今年度最少に…その理由を考える

米ビルボードが一昨年秋に新設したグローバルチャート。世界200以上の地域における主要デジタルプラットフォームのストリーミング(動画再生含む)およびダウンロードで構成されたこのチャートは、Global 200とGlobal Excl. U.S.(Global 200より米の分を除く)…

ジャニーズのサブスク解禁作品の動向をどう見るか…解禁前後のフィジカルセールスの推移から考える

今回のブログエントリーは、以前のコラボスペースおよびそのまとめエントリーの続きとも言えるものです。 4月6日公開分(4月11日付)のビルボードジャパンアルバムチャートは、KAT-TUN『Honey』が制しています。 KAT-TUNの約2年半ぶり、10枚目となるオリジナル…

ラジオから洋楽OAが減る? 最新チャートにおける洋楽の弱さ、およびラジオの傾向に対する私見

洋楽が強くなくなった、特にラジオで。そう言って差し支えない状況が生まれています。 ここで定義する洋楽はK-Popを除き、ビルボードジャパンによるHot Overseasチャートのランクイン対象曲を指します。Hot Overseasチャートはこちらから確認できます。 RADI…

LINE MUSIC月間ランキングトップ10がすべて再生キャンペーン採用曲に…総合チャートの推移から見えてくるものとは

昨日発表された3月のLINE MUSIC月間ランキング、トップ10ランクイン曲が他のサブスクサービスとは大きく異なります。 LINE MUSIC、2022年3月の月間1位はBE:FIRST「Bye-Good-Bye」原因は自分にある。/INIが続く #BEFIRST https://t.co/3Ge8PfSSI6 — ミュージ…

【ビルボードジャパン最新動向】「ブラザービート」は「初心LOVE」と似た動き…デジタルの重要性を考える

最新のビルボードジャパンソングスチャートから注目点を紹介します。 3月28日~4月3日を集計期間とする4月6日公開(4月11日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。Snow Man「ブラザービート」が初の首位を獲得しました。 【ビルボード】Snow Man「…