イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングチャートなどを紹介します。

カラオケ

【ビルボードジャパン最新動向】Ado「唱」が6度目の首位にして最高ポイント獲得、次週以降の動向に注目

最新11月8日公開分ビルボードジャパンソングチャート(集計期間:10月30日~11月5日)ではAdo「唱」が2週連続、通算6週目の首位を獲得しました。 【ビルボード】Ado「唱」が通算6度目となる総合首位、LE SSERAFIM「Perfect Night」は7位デビュー https://t.co/…

【ビルボードジャパン最新動向】Ado「唱」ソングチャート3連覇、ポイントが伸び続けている理由とは

最新10月11日公開分ビルボードジャパンソングチャート(集計期間:10月2~8日)では、Ado「唱」が3連覇を達成しています。 【ビルボード】Ado「唱」が総合ソング3連覇、JUNG KOOKの新曲が初のトップ10入り&YOASOBI「勇者」が2位に急上昇<10/11訂正> https:/…

【ビルボードジャパン最新動向】2週連続首位のAdo「唱」、活用人気が連覇の可能性を高めることについて

(※追記(11月5日6時5分):ビルボードジャパン総合ソングチャートの記事(リンク先)が読めない状況が続いています。それを踏まえ、記事が転載されたAERA dot.のリンクを貼付しています。) 最新10月4日公開分ビルボードジャパンソングチャート(集計期間:9月25日…

【ビルボードジャパン最新動向】YOASOBI「アイドル」3連覇、ポイント上昇に貢献した"活用"の重要性

4月24~30日を集計期間とする最新5月3日公開分ビルボードジャパンソングチャートはYOASOBI「アイドル」が3週連続で首位に。ポイントをさらに伸ばし、今年度初の2万ポイント超えを達成しました。 【ビルボード】超ハイレベルの首位争いを制したYOASOBI「アイ…

カラオケでの”年齢層の価値観や嗜好の違いが小さくなり歌える曲が増加傾向”の理由を、「サウダージ」を例に考える

4月27日に登場したこちらの記事が、音楽分析者の間で話題となっています。 この記事について、noteプロデューサー/ブロガーの徳力基彦さんが記事公開の翌日に早速noteにて紹介しています。 そしてnoteのアップと同じ4月28日に徳力さんが実施したTwitterのス…

ビルボードジャパン年間チャート発表、2022年度のチャートトピックス10項目を挙げる

2022年度のビルボードジャパン年間チャートが発表されました。集計期間は2021年11月29日~2022年11月27日(2021年12月8日公開分(12月13日付)~2022年11月30日公開分(12月5日付)となります。 Billboard Japan 2022年 年間チャート発表、Aimerが【JAPAN HOT 100…

スピッツ「チェリー」がカラオケ指標最高位更新…その影響源は、そしてチャート上昇に大切なこととは

スピッツ「チェリー」がカラオケチャートで上昇を続けています。 (上記はCHART insightにおける、「チェリー」直近150週分のチャートアクション。カラオケ指標は緑で表示されます。)

「ブラザービート」は「初心LOVE」以来の大ヒットジャニーズ曲となるか? チャートアクションと戦略の類似性を読む

4月13日公開分(4月18日付)ビルボードジャパンソングスチャートでは3位にSnow Man「ブラザービート」がランクイン。前週首位だったこの作品は、2週連続でのトップ3入りを果たしています。 上記CHART insightにて、総合チャートは黒で表示。ジャニーズ事務所所…

「シンデレラボーイ」「なんでもないよ、」はロングヒット候補…共にトップ20入りしたカラオケ指標に注目する

最新1月26日公開分(1月31日付)ビルボードジャパンソングスチャートで大きくポイントを伸ばした曲のひとつが、Saucy Dog「シンデレラボーイ」。ポイント前週比は119.9%となり、集計期間中に出演した『ミュージックステーション』(テレビ朝日 1月21日放送)の…

紅白が決定した高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」、ビルボードジャパンで強くない理由を考える

先週、11月から大晦日までの地上波音楽特番のラインナップについて、ブログエントリーにまとめました。 後に『ミュージックステーション』(テレビ朝日)においてはKing Gnuが同日解禁の「逆夢」を披露し、また『NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)では様々な企画や…

米津玄師「感電」が首位に肉薄、瑛人「香水」がカラオケ急上昇…ハイレベルな戦いとなった7月20日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 7月6~12日を集計期間とする7月20日付ビルボードジャパンソングスチャートは、TWICE「Fanfare」が前週から11ランクアップし首位の座に就きました。2位までが2万ポイント、6…

ビルボードジャパンソングスチャートにカラオケ指標が復活しながら未加算の曲が散見される理由、そして打開策を考える

今週水曜発表の7月6日付ビルボードジャパンソングスチャートからカラオケ指標が集計再開となりました。CHART insightから各指標毎の順位を確認できます。 カラオケ指標でトップ10入りした曲のポイントを前週と比較してみましょう。 上記の表は、カラオケ指標…