イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

音楽業界の戦略

【ヒットの予感】YOASOBI「もう少しだけ」はリリース前から過去曲に波及…エンゲージメントの重要性を知る

次回、5月19日公開(5月24日付)ビルボードジャパンソングスチャートも初週フィジカルセールスに強い作品が最上位に登場することが予想されますが、注目はYOASOBI「もう少しだけ」の動向。月曜に解禁され、集計期間フル加算で上位を狙います。 【5/10新曲配信…

【ヒットの予感】TikTok先行公開、Wurts「分かってないよ」のミュージックビデオが見事

最新5月12日公開(5月17日付)ビルボードジャパンソングスチャートで79位に初登場を果たしたWurts「分かってないよ」に注目(ワーツ、と読みます)。ストリーミングは77位に入り総合チャートランクインの原動力となっていますが、次週この指標がさらに伸びると推…

【ヒットの予感】藤井風「きらり」を大ヒットに導く3つのポイント

次週5月12日公開(5月17日付)ビルボードジャパンソングスチャートにおいて、Honda VEZEL e:HEV CMソングに起用された藤井風「きらり」の躍進が予想されます。

【ビルボード最新動向】Ado「踊」初登場4位…訴求の巧さが上位進出に繋がる

最新5月5日公開(5月10日付)ビルボードジャパンソングスチャートはトップ10に4曲が初めて登場。フィジカルセールス初加算に伴いチャートを制したJO1「Born To Be Wild」については昨日紹介しています。 そして今週、Ado「踊」の凄まじさを感じずにはいられま…

Ado「踊」大ヒットなるか? リリース前後の仕掛けやその姿勢に注目する

4月27日に解禁されたAdo「踊」(おど、と読みます)が次週のビルボードジャパンソングスチャートでどの位置に登場するか、非常に楽しみです。最新4月28日公開(5月3日付)ビルボードジャパンソングスチャートではTwitter指標15位に登場し(総合は100位未満、300位…

Novelbright「ツキミソウ」が上昇中…今週リリースのアルバム共々ブレイクに至るか注目

今月このブログでは新たなヒットの兆しがみえた曲を紹介しましたが、そのうち最新4月24日付となる日本のSpotifyデイリーチャート(→こちら)では、あたらよ「10月無口な君を忘れる」が前日から上昇し53位に。 そして今回紹介するの、最新Spotifyデイリーチャー…

『呪術廻戦』『名探偵コナン』主題歌が新たな動画等を投入…次回のチャートアクションに注目せよ

Who-ya Extended(フーヤエクステンデッド)による「VIVID VICE」が、次回のビルボードジャパンソングスチャートで勢いを見せるかもしれません。 先日公開の #THEFIRSTTAKE 『VIVID VICE』が早くも100万回再生を突破しました!沢山の方に楽しんでいただけてい…

「Take a picture」2連覇のNiziU、歌手として理想のチャートアクションに…4月14日公開(4月19日付)ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 4月5~11日を集計期間とする4月14日公開(4月19日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)、NiziU「Take a picture」が2連覇を達成しました。 【ビルボード】NiziU…

LiSA「炎」が遂にトップ10陥落…ポイントがほぼ右肩下がりとなった3つの理由とは

最新4月7日公開(4月12日付)ビルボードジャパンソングスチャートではLiSA「炎」が12位に後退。昨年10月21日公開(10月26日付)チャートで首位に登場後、通算8週首位の座に立ったこの曲がトップ10内連続エントリーを24週で終えています。 この「炎」の動向を詳し…

YOASOBIのプロモーションの巧さに刮目せよ…4月7日公開(4月12日付)ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 3月29日~4月4日を集計期間とする4月7日公開(4月12日付)ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)、NiziU「Take a picture」が初登場で首位を獲得しました。 【ビルボ…

「One Last Kiss」「創造」「感電」…サブスク再生回数"初動以降右肩下がり型"の原因を考え、改善策を探る

本日午後、ビルボードジャパンが最新4月5日付ソングスチャートを発表します。首位はフィジカルセールス初加算となるSexy Zone「LET'S MUSIC」が間違いなく獲るものとして、気になるのは前週首位の宇多田ヒカル「One Last Kiss」の動向。世界200以上の地域に…

宇多田ヒカル「One Last Kiss」登場3週目の伸び悩みへの疑問…「廻廻奇譚」やYOASOBIと異なる点とは

最新3月29日付ビルボードジャパンソングスチャートで宇多田ヒカル「One Last Kiss」が首位を獲得しました。しかし登場2週目の勢いは、必ずしも良好とは言えないと考えます。 登場2週目におけるポイント前週比は65.8%。ダウンロードが前週比45.9%、ストリー…

『ミュージックステーション』でも特集された2021年桜ソングの復活と、最新チャートの動向

昨日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日)で、この20年間の桜ソングが特集されました。 今夜のMステは桜ソングSP20年間の桜ソングヒストリーを特集宇多田ヒカル、コブクロ、FUNKY MONKEY BABYSから令和の最新曲まで名曲だらけ✨出演アーティストの…

三浦大知「Backwards」を金曜昼に解禁した理由を考える…世界を目標を掲げるならばより強固な連帯を

昨日のブログエントリーの最後、エイベックスのデジタル対応力や訴求力が高くはないと記載しました。 というのも、このエントリーを書く前から引っ掛かっていたことがあるのです。

カリ・ウチス、ギヴィオン…グラミー候補者による動画公開タイミングに注目

昨日は米ビルボードソングスチャートの見方について紹介しました。最後の方には、以前紹介したグローバルチャートについてのリンクもあります。 ここで用いた発表スケジュールおよび集計期間を踏まえれば、現在開催中のグラミー賞が反映されるのは3月27日付…

最新チャートにおける「Luv Bias」「RIGHT NEXT TO YOU」の動向に思う…最強のチャートアクションを誇るYOASOBIに倣うべき

最新3月15日付ビルボードジャパンソングスチャートではAdo「うっせぇわ」が首位を獲得しましたが、その一方でロングヒットとなりながらも優里「ドライフラワー」が初の栄冠を逃したことの問題について昨日記載しました。 優里「ドライフラワー」の問題はミュ…

3月15日付ビルボードジャパンソングスチャート、優里「ドライフラワー」が首位を逃した原因はミュージックビデオ? ビルボードジャパンのチャートポリシー変更も望む

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 3月1~7日を集計期間とする3月15日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。Ado「うっせぇわ」が初の首位を獲得しました。 【ビルボード】Ado「うっせぇわ」自身初…

KAT-TUN「Roar」、ジャニーズ事務所所属歌手初となるシングル表題曲の"(ほぼ)完全なデジタル解禁"作品に

遂に、です。 ⚡️⚡️⚡️初解禁⚡️⚡️⚡️3月10日(水)発売KAT-TUN NEWシングル「Roar」各音楽配信サービスでのダウンロード/ストリーミング配信が決定しました!詳細はこちらをチェックhttps://t.co/KWDqm5kUUKいよいよ3月ですね!盛り上がっていきましょう‍☠️#KATT…

ずとまよ、yama、YOASOBI…THE FIRST TAKEが音楽業界に与えたインパクトの大きさを確認する

一発録りをコンセプトとするYouTubeチャンネル、THE FIRST TAKEのこのところの人選が凄いと感じずにはいられません。とりわけ、2月中旬の登場歌手には衝撃を受けました。 このあと22:00からです。#THEFIRSTTAKE ずっと真夜中でいいのに。 『秒針を噛む』http…

あいみょん、優里、森山直太朗…2021年に桜ソングが復活の気配、その理由を考える

桜ソングが増えていると思うのです。 既にシングル的位置付けの曲が複数登場。下記のSpotifyプレイリストには2月24日朝の段階で8曲取り上げていますが、後述する新動画の元曲を加えれば二桁に達しています。

映画版ドラえもんがまたも公開延期…Official髭男dism「Universe」のチャートアクションはどうなる

コロナ禍による緊急事態は、様々な作品の延期をもたらします。 このたび、2021年3月5日(金)より公開を予定しておりました『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』の公開延期が決定しました。⁰新たな公開時期につきましては、映画公式HPおよびドラえも…

THE FIRST TAKEが日本の主要レコード会社を押さえていることを確認する

人気YouTubeチャンネル、THE FIRST TAKEにTOMORROW X TOGETHERが初登場。予告ツイートへの反応から、注目の高さがうかがえます。 ⠀ THE FIRST TAKE⠀ ⠀ ⠀ OUT AT ⠀⠀ "FRIDAY"⠀ ⠀ ⠀ 22:00▶︎ https://t.co/xVntU2Qokq ・@TXT_bighit_jp @TXT_bighit ・#THEFIRST…

昨年大ヒットを連発した火曜ドラマ主題歌、今期は? Kis-My-Ft2「Luv Bias」のデジタル解禁を願う

一昨日発表された1月25日付ビルボードジャパンソングスチャートでは、SEKAI NO OWARI「silent」が前週から9ランクダウンするものの28位に。クリスマスソングですが、一年を通して聴かれる状況となりつつあります。

『NHK紅白歌合戦』出場はゴールではない、次の一年へのスタートである

2021年となりました。今年もよろしくお願いいたします。 昨日放送の『NHK紅白歌合戦』、一昨年よりもかなり良い内容だったと感じています。司会陣の安定っぷり、コロナ禍で無観客となったことで演出を減らした分歌へのフォーカスが多くなったこと、そしてパ…

チャートで安定した動きをみせるDa-iCE「CITRUS」から、CDとレコード会社の役割を思う

Da-iCE「CITRUS」が興味深いチャートアクションを示しています。 ドラマ『極主夫道』(日本テレビ)の主題歌として11月25日にCDリリースされた「CITRUS」は、12月7日付ビルボードジャパンソングスチャートでCD関連指標初加算に伴い47位に登場。CDセールスは翌…

2020年の日本の音楽業界におけるソニーミュージックの強さ、その理由を考える

間もなくビルボードジャパンの2020年度年間チャートが発表されます。このブログではビルボードジャパン各種チャートが発表される4日金曜、チャートを踏まえた今年の日本における音楽業界のトピック(ヒットの傾向)を取り上げますが、今回はそれに先駆け、【今…

「カイト」に続きアルバム『This is 嵐』がデジタル未解禁であることへの疑問

検索エンジンからこのブログへたどり着いた方がどのブログエントリーをチェックしたかというのが、はてなブログでは解る仕組みになっているのですが、以前からアクセス数が多かったこちらのエントリーが今月になってさらに浮上しています。 嵐「カイト」はリ…

フィジカルとデジタルを共に充実させることが、最良のチャートアクションにも満足度上昇にもつながる

LiSA「炎」が米ビルボードによる2つのグローバルチャートでトップ10入りしたことはこのブログでも紹介しましたが、ビルボードジャパンでも米ビルボードの記事を翻訳して掲載。テレビ報道も少しながら確認でき、その凄さが少しずつ伝わっていると感じます LiS…

歌詞よりメロディ派の人間にとってSpotifyの歌詞表示機能は有り難いということ、そして日本人歌手の活用を願うということ

自分はメロディ派の人間です…といきなりの宣言でアレですが、これは『たまむすび』(TBSラジオ 月-金曜13時)の月曜コーナーにおける『歌詞が頭に入ってこない!自分と同じような人いますか?』というリスナーの方からの調査依頼についての自分の立ち位置。 【…

9月21日付ビルボードジャパンソングスチャートでも目立つアイドル曲急落の理由とは、そしてNiziU「Make you happy」再燃から今後のヒントを探る

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 9月7~13日を集計期間とする9月21日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)はYOASOBI「夜に駆ける」が8週ぶり、通算5週目の首位を獲得しました。 【ビルボード】YO…