イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングチャートなどを紹介します。

米ビルボード

JIMIN、Stray Kidsが相次いでアルバムリード曲のリミックスを投入する理由

7月19~25日を集計期間とする米ビルボードによる8月3日付米ソングチャートにて、K-POP2曲の初登場が見込まれています。 Jimin’s “Who” is currently aiming for a top 50 debut on the Billboard Hot 100. It would become the highest-charting K-Pop singl…

ミーガン・ザ・スタリオン feat. 千葉雄喜「Mamushi」のチャート動向を注目すべき理由

ミーガン・ザ・スタリオン feat. 千葉雄喜「Mamushi」の勢いがさらに高まっています。 このことについては一昨日のエントリーでも述べたばかりですが、日本時間の7月23日火曜に発表予定の米ビルボードによる7月27日付米およびグローバルのソングチャートでも…

ミーガン・ザ・スタリオン feat. 千葉雄喜「Mamushi」、世界での人気が高まっていることについて

ミーガン・ザ・スタリオン feat. 千葉雄喜「Mamushi」の人気が世界で拡がっています。この点は以前から紹介していますが、チャートでさらなる上昇を遂げているのです。

ルミネイト、2024年上半期の米アルバム/楽曲動向を公開…主要チャートを確認する

現地時間の7月16日、ルミネイトが米における2024年上半期のアルバムおよび楽曲単位におけるデータを発表しました。 Our 2024 Midyear Music Report is now live! https://t.co/2rj16TZbMi pic.twitter.com/RXC85JrlaH — Luminate (@luminate_data) 2024年7月…

千葉雄喜参加の「Mamushi」が米トップ50入りする可能性と、そのヒットが報じられない問題

ミーガン・ザ・スタリオン feat. 千葉雄喜「Mamushi」が最新7月13日付米ビルボードソングチャート(Hot 100)で68位に初登場したことについては、このブログでも採り上げています。 そして「Mamushi」は、7月5~11日を集計期間とする次週7月20日付米ビルボード…

"日本はヒップホップが伸びる"…その可能性が高まっていると感じる2024年の変化について

日本時間の昨日発表された最新7月13日付米ビルボードソングチャートにて、ミーガン・ザ・スタリオン feat. 千葉雄喜「Mamushi」が68位に初登場。千葉雄喜さんはこのチャートでキャリア初の100位以内エントリーを果たしています。 Yuki Chiba lands his first…

千葉雄喜参加の「Mamushi」がグローバルヒットの可能性、そして報じられていないことについて

ミーガン・ザ・スタリオン(ミーガン・ジー・スタリオン等カタカナ表記が統一されていませんが、弊ブログではこの表記を用います)が6月28日にリリースしたアルバム『Megan』収録曲で、千葉雄喜さんをフィーチャーした「Mamushi」が好調です。 「Mamushi」につ…

NewJeans、千葉雄喜…日本語を含む曲が海外チャートで轟き始めていることについて

世界の音楽チャートで、日本語入りの楽曲が目立ち始めています。

ミーガン・ザ・スタリオンのアルバムに参加した千葉雄喜、米ソングチャートランクインなるか

千葉雄喜、ミーガン・ジー・スタリオンのアルバムに参加https://t.co/32drHBFC7O#KOHH #千葉雄喜 #チー友 #チーム友達 #megan #megantheealbum — 音楽ナタリー (@natalie_mu) 2024年6月22日 千葉雄喜さんの「チーム友達」がバイラルヒットを記録したことを踏…

テイラー・スウィフトのアルバムチャート施策への違和感を踏まえ、米ビルボードに改善を提案する

最新6月1日公開分米ビルボードアルバムチャートは、テイラー・スウィフト『The Tortured Poets Department』が初登場から5連覇を達成しました。ビルボードジャパンでは記事翻訳版が掲載されています。 Taylor Swift Scores Fifth Week Atop Billboard 200 Wi…

(追記あり) ティザー等動画発信、ストーリー構築…最新米ソングチャートでストリーミングが高水準に達した背景

(※追記(5月24日7時58分):米ビルボードは日本時間の5月24日、チャート専用Xアカウントにて今回紹介する3曲を含めた2020年9月以降の週間ストリーミング再生回数トップ10を発表しました。今回、そのポストを新たに掲載しています。) 日本時間の昨日発表された…

米ビルボードによるグローバルチャートとは何か、そしてJ-POPの現在と課題とは (2024年5月更新版)

このブログでは毎週火曜、米ビルボードによるソングチャート(Hot 100)と共にグローバルチャートについても速報記事を翻訳し、紹介しています。グローバルチャートは2020年秋に米ビルボードが新設し、2021年度以降は年間チャートも発表されています。 グロー…

米ビルボードソングチャート、キャリア初エントリーにて2位以内に初登場した6曲の背景を考える

最新5月11日付米ビルボードソングチャートは、テイラー・スウィフト『The Tortured Poets Department』収録曲が登場2週目につきリード曲を除いて後退。それに伴いトップ10が7曲入れ替わりました。結果、キャリア初のトップ10ヒット曲が半数を占めています。 …

ユニバーサルミュージックグループ所属のテイラー・スウィフトがいち早くTikTokに音源を戻した理由とは

TikTokにユニバーサルミュージックグループ所属歌手の曲が戻ってきます。 ユニバーサルミュージック、TikTokと新ライセンス契約 楽曲使用が可能に(写真 全2枚)https://t.co/ZQpY4646o8#ユニバーサルミュージック #TikTok — ORICON NEWS(オリコンニュース…

テイラー・スウィフトほどチャートにこだわる歌手はいない...ニューアルバムの施策からみえることとは

テイラー・スウィフトが4月19日にリリースしたニューアルバム『The Tortured Poets Department』は5月4日付米ビルボードアルバムチャート(日本時間4月29日早朝に発表予定)で首位獲得が見込まれるのみならず、強大なユニット数を記録するものと思われます。 …

ILLIT「Magnetic」、デビューから最短で米ソングチャート100位以内に登場したことが如何に凄いのか

最新4月20日付米ビルボードソングチャートではHYBE所属のILLITによるデビューシングル、「Magnetic」が91位に初登場を果たしました。下記ポスト内の画像をタップ/クリックし登場する記事によれば、「Magnetic」はストリーミングが前週比1%アップの620万、ラ…

藤井風が口ずさんだデボラ・コックス「Nobody's Supposed To Be Here」について

先月NHK総合で放送された『tiny desk concerts JAPAN』が、本家NPR Musicの公式YouTubeチャンネルにて昨日公開されました。 公開から11時間で既に21万の再生回数を記録し、NPR Musicがこの1ヶ月にアップした動画では現時点で3番目に高い記録となっています。…

(追記あり) アリアナ・グランデ「Yes, And?」、米ビルボード首位発進の可能性を高めた背景とは

(※追記(3月21日5時22分):タイトルに誤字があり、"首位発信"→"首位発進"に訂正しました。心よりお詫び申し上げます。) 1月12~18日を集計期間とする1月27日付米ビルボードソングチャートは日本時間の来週火曜早朝に速報、同日19時以降に100位までが発表され…

アリアナ・グランデ、リル・ナズ・X、21サヴェージ…昨日新作を一斉にリリースした背景とは

米ビルボード、再来週のソングチャートは大きく変わるかもしれません。1月12日金曜を集計期間初日とする1月27日付ソングチャート(日本時間1月23日火曜発表予定)では、アリアナ・グランデ「yes, and?」、リル・ナズ・X「J CHRIST」、21サヴェージ feat. ドー…

2023年度下半期の社会的なヒット曲、もしくはチャートを語る上で欠かせない曲10選

2023年度下半期に社会的にヒットした、もしくはチャートを語る上で欠かせない曲を選びました。J-POPについては12月8日に発表されたビルボードジャパンによる各種年間チャート、海外の作品については先月発表された米ビルボードによる各種年間チャート(特にソ…

米ビルボードソングチャート、1958年のクリスマスソングが制したことは"必然"である

最新12月9日付の米ビルボードソングチャートは、ブレンダ・リー「Rockin' Around The Christmas Tree」が初めて制しています。この点は昨日、ブログにて記事の翻訳版を掲載しています。 「Rockin' Around The Christmas Tree」の首位獲得については取り上げ…

最新米チャートで「Lovin On Me」が首位獲得…ジャック・ハーロウの施策とその効果を考える

日本時間の昨日発表された12月2日付米ビルボードソングチャートでは、ジャック・ハーロウ「Lovin On Me」が初の首位を獲得しています。 この曲、いわゆる"チラ見せ"公開がヒットにつながっています。

ビルボード・ミュージック・アワードにおけるK-POP部門の新設と、その新設への非難に対する私見

今週は米ビルボードによる2023年度年間チャートが発表されました。このブログでは11月22日水曜に米ソングチャートを中心とした米の動向を、23日木曜にはグローバルチャートの動向を、それぞれ紹介しています。 そして、この年間チャートと同一の集計期間を対…

米ビルボードが年間グローバルチャート発表…2023年度の傾向、そしてJ-POPの現状を考える

米ビルボードが日本時間の11月22日水曜、2022年度年間チャートを発表しています。このブログでは昨日、ソングチャートを主体にアメリカの動向を紹介しました。 今日はグローバルチャートについてお伝えします。

(追記あり) 米ビルボードが年間チャート発表、2023年度のチャートトピック10項目とは

(※追記(12時05分):ビルボードジャパンによる年間チャート翻訳記事(のURLを掲載したポスト)を貼付しました。) 今年の音楽業界をチャートから振り返ります。今回は米ビルボード年間ソングチャートについてです。 今回は日本時間の11月22日水曜未明に発表され…

マライア・キャリーとブレンダ・リーのクリスマス曲における施策とは、そしてチャート施策への見方を記す

11月に入ると、街は徐々にクリスマス仕様となっていきますが、米では既に11月1日からこのモードが高まっているといえます。 日本においては季節に関する曲について、ラジオの反応がとりわけ大きくなる一方でストリーミングはそれが薄い傾向にあります。他方…

【ビルボードジャパン最新動向】首位返り咲きのAdo「唱」、各指標の上昇度からみえてくるものとは

最新11月1日公開分ビルボードジャパンソングチャート(集計期間:10月23~29日)では前週首位に到達した櫻坂46「承認欲求」が7位に後退。Ado「唱」が2週ぶり、通算5週目の首位を獲得しました。 【ビルボード】Ado「唱」が総合首位返り咲き、WEST.の改名後初シ…

米ビルボードによる2023年度の年間チャート対象期間は49週に…その背景から疑問を記す

米ビルボードによる各種チャート、既に前週10月28日付から2024年度がスタートした模様です。 Billboard announces that the 2023 tracking period for their year-end charts ended 2 weeks ago, encompassing charts from November 19th, 2022 to October 2…

米レコード協会にて日本語楽曲初のゴールド認定…米津玄師「KICK BACK」の海外チャート動向を確認する

米津玄師さんが昨年リリースした「KICK BACK」が、米で日本語楽曲として初の記録を達成しました。 ━━━━━━━━━━米津玄師 KICK BACK━━━━━━━━━━「KICK BACK 」がアメリカレコード協会 RIAA にてゴールド認定を受けました。日本語曲での認定は、史上初の快挙とな…

米ビルボードがアルバムのストリーミング人気を可視化したチャートを新設、その意義を考える

米ビルボードが新たなチャートをローンチしました。それがトップストリーミングアルバムチャート(Top Streaming Albums)です。 This week, @billboard is launching its new #TopStreamingAlbums chart. The 50-position chart lists the most-streamed albu…