イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

米ビルボード

米ビルボードがチャートポリシー変更? 報道の信憑性には疑問も、事実ならばその内容を支持する

米ビルボードがチャートポリシー(チャート集計方法)を変更した…そのような情報が先週流れてきました。情報源はこちら。 Billboard has introduced new rules for the Hot 100 and other charts effective immediately.Only 1 digital sale will be counted p…

【海外ビルボード】クリスマスソング一掃のチャートは米でアデル、グローバルでゲイルが制覇

現地時間の1月10日月曜に発表された最新1月15日付米ビルボードソングスチャート(Hot 100)。クリスマスソングが一掃され、アデル「Easy On Me」が4週ぶり、通算8週目の首位に輝きました。 .@Adele's "Easy On Me" rules the #Hot100 for an eighth week at No…

(訂正あり)【海外ビルボード】マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」が米およびグローバルすべて制覇

(※訂正(18時24分):米ビルボードソングスチャート、トップ10の画像付きツイートについて誤って前週のものを掲載してしまいました。そのため、差替を実施しました。) 現地時間の1月4日火曜に発表された最新1月8日付米ビルボードソングスチャート(Hot 100)。マ…

【海外ビルボード】マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」が米およびグローバルで連覇を達成

現地時間の12月28日火曜に発表された最新2022年1月1日付米ビルボードソングスチャート(Hot 100)。マライア・キャリーが1994年にリリースした「All I Want For Christmas Is You (邦題:恋人たちのクリスマス)」が前週に引き続き、通算7週目の首位を獲得しま…

【海外ビルボード】"クリスマスはマライア"…「恋人たちのクリスマス」が米およびグローバルを制覇

現地時間の12月20日月曜に発表された最新12月25日付米ビルボードソングスチャート(Hot 100)。マライア・キャリー「All I Want For Christmas Is You (邦題:恋人たちのクリスマス)」が3シーズン連続、通算6週目となる首位を獲得しました。 .@MariahCarey's "…

"クリスマスはマライア"…「恋人たちのクリスマス」を今年も首位に押し上げんとするマライア・キャリーの施策とは

明日発表される米ビルボードソングスチャートでは、マライア・キャリー「All I Want For Christmas Is You (邦題:恋人たちのクリスマス)」が首位を獲得するものとみられています。仮にその座を射止めれば3シーズン連続、通算6週目の首位獲得となり、"クリス…

【海外ビルボード】アデル「Easy On Me」とマライア・キャリー等クリスマスソングの対決、その結果は

現地時間の12月13日月曜に発表された最新12月18日付米ビルボードソングスチャート(Hot 100)。アデル「Easy On Me」が通算7週目となる首位を獲得しました。 .@Adele's "Easy On Me" adds a seventh week atop the #Hot100 https://t.co/OiO5XvhryY — billboar…

【ビルボードコラム】 2022年度版 チャート確認における各種データの公開スケジュール一覧

月曜は不定期で、日米およびグローバルのビルボードチャートに関するコラムをアップしています。これまではソングスチャート構成指標の解説、日米ビルボードに対するチャートポリシー変更希望、ビルボードジャパンの知名度向上案やグローバルチャートにJ-Pop…

【海外ビルボード】アデル「Easy On Me」が米およびグローバルを制覇、マライア・キャリー等のクリスマスソングがトップ10入り

現地時間の12月6日月曜に発表された最新12月11日付米ビルボードソングスチャート(Hot 100)。前週返り咲いたアデル「Easy On Me」が通算6週目となる首位を獲得しました。 .@Adele's "Easy On Me" reigns atop the #Hot100 for a sixth week. https://t.co/xE4…

米ビルボードが年間グローバルチャート発表、2021年のチャートトピックスとは

米ビルボードが日本時間の12月3日未明、2021年度年間チャートを発表しています。このブログでは昨日、ソングスチャートを主体にアメリカの動向を紹介しました。 今日はグローバルチャートについて紹介します。 米ビルボードが昨秋グローバルチャートを開設し…

米ビルボード年間チャート発表、2021年のチャートトピックス10項目とは

12月は今年の音楽業界をチャートから振り返る企画が続きます。今回は日本時間の12月3日金曜早朝に発表された米ビルボード年間チャートをみてみます。集計期間は2020年11月21日付~2021年11月13付となります。 昨年のアメリカの動向についてはこちらをご参照…

【海外ビルボード】アデル、『30』初登場に合わせて「Easy On Me」が首位返り咲き、米では完全勝利達成

現地時間の11月29日月曜に発表された最新12月4日付米ビルボードソングスチャート(Hot 100)。前週初登場で首位を獲得したテイラー・スウィフト「All Too Well (Taylor's Version)」は4位に後退。アデル「Easy On Me」が2週ぶり、通算5週目となる首位を獲得し…

2022年度米ビルボード/ビルボードジャパン年間アルバムチャート上位候補作品がこの半月でリリースという件

この2週間ほどで、世界そして日本で重要なアルバムがリリース。2022年度の年間アルバムチャートにおける上位進出は間違いないでしょう。それがアデル『30』(11月19日リリース)、そしてYOASOBI『THE BOOK 2』(EP)です。

(追記あり) BE:FIRST「Gifted.」、米ビルボードのHot Trending SongsチャートでJ-Pop初のトップ10入り…そこから思うこと

(※追記(17時54分):2021年度各週のビルボードジャパンソングスチャートにおけるストリーミング指標首位獲得曲の再生回数およびSpotifyの割合を記した一覧表、および最新11月24日公開(11月29日付)ビルボードジャパンソングスチャートにおけるストリーミング指…

【グローバルチャート】テイラー・スウィフトがアデルを抑え首位に、また米ビルボードの仕様変更に異を唱える

毎週水曜は、米ビルボードが昨年新設したグローバルチャートをお伝えします。 200を超える地域の主要デジタルプラットフォームによるストリーミングとデジタルダウンロードで構成され歌手のホームページでの販売分を含まないグローバルチャート。11月27日付…

米グラミー賞ノミネート発表、ならびにBTS「Butter」主要部門”不在”への私見

来年1月に開催される第64回グラミー賞のノミネーションが、現地時間の11月23日(日本時間の11月24日)に発表されました。 The 64th #GRAMMYs nominations are in. ✨ Congratulations to everyone! More than 11,000 #RecordingAcademy voting members vote dur…

【ビルボードコラム】チャートの変革が社会的ヒットを可視化…マライア・キャリー「All I Want For Christmas Is You」

月曜は不定期で、日米およびグローバルのビルボードチャートに関するコラムを書いています。これまではソングスチャートにおける各指標の解説、日米ビルボードに対するチャートポリシー変更希望、ビルボードジャパンの知名度向上案やグローバルチャートにJ-P…

(追記あり) 米ビルボードがTwitterに関連したチャート、Hot Trending Songsを新設…内容およびビルボードへの希望を記す

(※追記(11月22日18時49分):米ビルボードやビルボードジャパンはHot Trending Songsチャートについてチャートポリシーを公開していませんが、現段階で判明した(と思しき)内容を追記しました。) (※追記(11月22日19時18分):Hot Trending Songsチャートについ…

米ビルボードアルバムチャートがバンドル(音源のセット販売)を無効化してから1年…その検証結果が公表されている件

米ビルボードが今月、チャートポリシー変更の検証結果をレポートしています。 バンドル(Bandles)とは、音源をグッズやライブチケットとセット販売することを指します。昨年1月に一度チャートポリシー変更が行われましたが、その際チケットバンドルは無効化の…

アデル「Easy On Me」が世界中でとんでもない勢い…その記録的な数字を紹介し、理由を分析する

一昨日リリースされたアデル「Easy On Me」が凄いことになっています。 "私に手加減してほしい" "お手柔らかに"を意味するこの曲は、11月19日にリリースされる4枚目のオリジナルアルバム『30』のリード曲。6年ぶりとなるアデルの帰還が、世界の音楽業界を轟…

TikTokにおけるリリース前のチラ見せ公開、プロモーションの主流となるか

最新9月25日付米ビルボードソングスチャートは前週のドレイク寡占状態が薄れ、一度トップ10圏外に押し出された曲の大半が再浮上。その中で特に顕著な伸びを示したウォーカー・ヘイズ「Fancy Like」は、キャリア初のトップ5入りを果たしています。 元来TikTok…

【ビルボードコラム】米ビルボードに求める2つのチャートポリシー変更案

月曜は不定期で、日米グローバルのビルボードチャートに関するコラムを書いています。これまでの3回はビルボードジャパンソングスチャートにおける各指標について掘り下げました。 今回は米ビルボードについて取り上げます。 ソングスチャートについてはその…

ドレイクの米ソングスチャートトップ10寡占から考える、ビルボードへの理解・周知・提言の重要性

昨日つぶやいた内容を掘り下げる形で、本日のブログエントリーをアップします。 レコードメーカーA&Rやライター、コンパイラーそしてDJ等で活躍し、RHYMESTERのメンバーが所属した大学音楽サークルの先輩でもある細田日出夫さんのツイートに、色々と考えを巡…

カニエ・ウェストが占拠?「Blinding Lights」が消える? 次週の米ビルボードソングスチャートは波乱の予感

このブログでは毎週火曜、米ビルボードソングスチャート速報を翻訳して紹介します。 速報を記したブログでは、現在では元記事にあること以外基本的に書かないことを信条としているのですが、昨日のエントリーでは次週9月11日付で大きく動くだろう旨を掲載し…

米ビルボードによるBTSインタビューの問題を踏まえ、チャートやメディアのあり方、そしてBTSのチャートアクションを考える

一昨日に米ビルボードが公開したBTSへのインタビュー記事が波紋を広げています。

(追記・訂正あり)【海外ビルボード】ザ・キッド・ラロイ with ジャスティン・ビーバー「Stay」が米&グローバル連覇達成

(※追記(8月24日):米ビルボードのホームページにおいて、デュア・リパ「Levitating」からダベイビーの名前が外れていることを確認し、「Levitating」の表記を訂正しました。) (※追記(8月31日):弊ブログにてこれまで、「Stay」の表記をザ・キッド・ラロイ fe…

(訂正あり) チャートポリシー変更(チャート集計制度の改定)は音楽業界への提案である…日米ビルボードの変更経緯から考える

(※訂正(12時00分):ビルボードジャパンの記事が修正され、レンタルの表記が削除された内容で再度アップされました。それに伴い、当該記事の新たなリンク先を掲載し、ブログエントリーを一部訂正しました。) あらためて、ビルボードジャパンのこちらの記事に…

(訂正あり)【海外ビルボード】ザ・キッド・ラロイが米&グローバル制覇、ザ・ウイークエンド「Blinding Lights」が新記録樹立

(※追記(8月31日):弊ブログにてこれまで、「Stay」の表記をザ・キッド・ラロイ feat. ジャスティン・ビーバーと記載しておりましたが、正しくはザ・キッド・ラロイ with ジャスティン・ビーバーでした。訂正してお詫びいたします。) (※追記(9月28日):弊ブロ…

米ソングスチャート連覇のBTS、一方で構成指標の偏りを踏まえ米ビルボードに議論の用意を希望する

最新7月31日付米ビルボードソングスチャートはBTS「Butter」が返り咲き、通算8週目となる首位の座に就きました。 さて、この「Butter」について、さらには新曲「Permission To Dance」については以前より、指標構成から思うことを記載してきました。 そして…

「Permission To Dance」の初週チャート動向等を踏まえ、米におけるBTSの浸透度への私見や提案を記す

最新の米ビルボードソングスチャート、BTS「Permission To Dance」が初登場で首位を獲得しました。 BTSが首位を獲得すると、とりわけ世界中でSNSが盛り上がります。今回も、「Permission To Dance」の首位獲得がひと目で解るハッシュタグが登場しました(下記…