イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

新しいヒットの形

ずとまよ、yama、YOASOBI…THE FIRST TAKEが音楽業界に与えたインパクトの大きさを確認する

一発録りをコンセプトとするYouTubeチャンネル、THE FIRST TAKEのこのところの人選が凄いと感じずにはいられません。とりわけ、2月中旬の登場歌手には衝撃を受けました。 このあと22:00からです。#THEFIRSTTAKE ずっと真夜中でいいのに。 『秒針を噛む』http…

星野源「創造」、プロモーションの場が一段と拡大していることについて

星野源さんの新曲「創造」、その曲のみならず訴求の方法も素晴らしいのです。

これからは"ファンビデオの公式化"がトレンドに? シザ「Good Days」の新しい動画に思う

面白い試みのミュージックビデオを見つけました。

「Drivers License」「ドライフラワー」…大ヒット曲は関連曲も押し上げる

日本時間の昨日発表された2月6日付米ビルボードソングスチャートで48位に初登場を果たし、キャリア初のトップ100入りを果たしたのがサブリナ・カーペンター「Skin」。自分は以前別の曲で彼女を取り上げたことがあるのですが(→こちら)、今回の「Skin」はある…

THE FIRST TAKEが日本の主要レコード会社を押さえていることを確認する

人気YouTubeチャンネル、THE FIRST TAKEにTOMORROW X TOGETHERが初登場。予告ツイートへの反応から、注目の高さがうかがえます。 ⠀ THE FIRST TAKE⠀ ⠀ ⠀ OUT AT ⠀⠀ "FRIDAY"⠀ ⠀ ⠀ 22:00▶︎ https://t.co/xVntU2Qokq ・@TXT_bighit_jp @TXT_bighit ・#THEFIRST…

YOASOBIの勢いはとどまることを知らない…1月25日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 1月11~17日を集計期間とする1月25日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)。ジャニーズWEST「週刊うまくいく曜日」が前週の300位圏外から首位の座を射止めました…

『NHK紅白歌合戦』出場はゴールではない、次の一年へのスタートである

2021年となりました。今年もよろしくお願いいたします。 昨日放送の『NHK紅白歌合戦』、一昨年よりもかなり良い内容だったと感じています。司会陣の安定っぷり、コロナ禍で無観客となったことで演出を減らした分歌へのフォーカスが多くなったこと、そしてパ…

チャートで安定した動きをみせるDa-iCE「CITRUS」から、CDとレコード会社の役割を思う

Da-iCE「CITRUS」が興味深いチャートアクションを示しています。 ドラマ『極主夫道』(日本テレビ)の主題歌として11月25日にCDリリースされた「CITRUS」は、12月7日付ビルボードジャパンソングスチャートでCD関連指標初加算に伴い47位に登場。CDセールスは翌…

2020年下半期の社会的なヒット曲、もしくはチャートを語る上で欠かせない曲10選

今年上半期に社会的にヒットした、もしくはチャートを語る上で欠かせない曲を10曲選んでみました。上半期以前についてはこちらをご参照ください。 邦楽、洋楽共に12月4日に発表されたビルボードジャパンおよび米ビルボードの年間チャートを参照しています。 …

2020年におけるクリスマスソングのチャート戦略、および良質なクリスマスソング集

2020年もクリスマスソングが花盛り。最新12月12日付米ビルボードソングスチャートでは50位以内にクリスマスソングが19曲、トップ10には3曲登場しており、街や家庭でクリスマスソングが溢れはじめていることが伺えます。 次週の米ビルボードソングスチャート…

ビルボードジャパン年間チャート発表、2020年のチャートトピックス10項目とは

(※追記(12月4日 13時12分):記事およびブログのリンク先を追加しました。) 2020年度のビルボードジャパン年間チャートが発表されました。集計期間は2019年11月25日~2020年11月22日(2019年12月9日付~2020年11月30日付)となります。 ビルボードジャパン 年間…

優里「ドライフラワー」が初のトップ10入り…その原動力はカラオケ動画? 11月30日付ビルボードジャパンソングスチャートを掘り下げる

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 11月16~22日を集計期間とする11月30日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)、LiSA「炎」が首位に返り咲きました。 【ビルボード】LiSA「炎」が総合首位返咲きV5…

LiSA「炎」、3連覇にして”完璧な勝利”を掴む…11月9日付ビルボードジャパンソングスチャートを掘り下げる

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 10月26日~11月1日を集計期間とする11月9日付ビルボードジャパンソングスチャート(Hot 100)は、LiSA「炎」が3連覇を達成。2位には「紅蓮華」がキープし、LiSAさんは2週連続…

ミュージックビデオに挿入される”生の声”の効果とは?印象的な2曲から考える

ミュージックビデオの途中で音声が”生の声”になることがあります。今月公開された2つの作品に施されたその演出が、とりわけ強く印象に残るのです。 11月11日にリリースされる三浦大知さんのシングルCD表題曲「Antelope」。曲名はアメリカはアリゾナ州にある…

(追記あり) LiSA「炎」が完勝、3万を超えるポイントは誇るべき内容…10月26日付ビルボードジャパンソングスチャートを掘り下げる

※追記(10月23日21時54分):10月26日付ビルボードジャパンソングスチャートにおけるストリーミング指標の記事を掲載し忘れていたため、貼付しました。 毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 10月12~18日を集計期…

LiSA「炎」は首位獲得が確実に…チャートアクション最大化に繋げる施策をまとめる

明後日発表される10月26日付ビルボードジャパンソングスチャートは、LiSA「炎」の首位獲得が確実と言えます。 「炎」は、16日金曜に公開された映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌であり、公開館やスクリーン数の多さ、各映画館の公開スケジュール…

フリートウッド・マック「Dreams」がリバイバルヒット…日本でも同様のヒットが生まれるために必要なこととは

今週発表された10月17日付米ビルボードソングスチャートでは、21位にフリートウッド・マック「Dreams」が再登場を果たしています。 TikTokで再熱のフリートウッド・マック「ドリームス」、全米“Hot 100”に復帰 1977年以来初 https://t.co/peq5scv5ND pic.twi…

初登場首位獲得曲が今年量産される理由を米ビルボードが自問自答していた件

米ビルボードソングスチャートはビルボードジャパンとは異なり、初登場で首位を獲得する曲が少ないのが特徴でした。最新10月17日付までにおいてその数は44曲…少ないように見えるのですが、実は今年に入り9曲が初登場首位を成し遂げているのです。44曲のうち2…

CDでのアルバム訴求、今の時代に即した印象的な3作品

CDという存在がどうなっていくか、気になります。シングルにおいてはアイドルやK-Popアクト等、万単位の売上が見込める歌手以外のリリースが減っている印象がありますが、アルバムにおいてはジャンルに関係なくCDでリリースすることが減っていく予感がします…

嵐「Whenever You Call」、様々な施策がチャートアクション最大化につながっていく

嵐が昨日リリースした新曲、「Whenever You Call」が素晴らしいですね。 楽曲が公開されると音楽関係者を中心に絶賛の声が寄せられています。 嵐の新曲、凄く良い。本当にDマイルの関与がキモだと思う。ブルーノ・マーズ+Dマイルといえばチャーリー・ウィル…

YouTubeチャンネル"THE FIRST TAKE"、平井大の出演が大きなステップアップの契機となる

コロナ禍の状況は続いていますが、少しずつながらもエンタテインメント業界は歩みを進めている印象があります。その象徴のひとつとして、一発録りにこだわったYouTubeチャンネル、"THE FIRST TAKE"は自宅等での録音による"THE HOME TAKE"を7月いっぱいで終わ…

今夜Tani Yuukiが登場するTHE FIRST TAKE、その人選や選曲からチャンネルのステップアップを感じる

Tani Yuuki「Myra」がビルボードジャパンソングスチャートで好調に推移しています。 「Myra」は3月にショートバージョンがYouTubeで配信されるとTikTok等で人気が拡がり、レコード会社や芸能事務所未所属の瑛人さんによる「香水」を配信してビルボードジャパ…

米津玄師「感電」が首位に肉薄、瑛人「香水」がカラオケ急上昇…ハイレベルな戦いとなった7月20日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 7月6~12日を集計期間とする7月20日付ビルボードジャパンソングスチャートは、TWICE「Fanfare」が前週から11ランクアップし首位の座に就きました。2位までが2万ポイント、6…

ジェイソン・デルーロ & ジョーシュ・シックスエイトファイヴ「Savage Love (Laxed - Siren Beat)」はTikTokを使った新しいヒットの形となるか

先週木曜、リアルサウンドへ記事を寄稿しました。 【執筆のご報告】チャーリー・プースが先月下旬にリリースした「Girlfriend」について書きました。今年はレノン・ステラに客演参加した「Summer Feelings」がラジオヒット中、また「See You Again」の再浮上…

ビルボードジャパンソングスチャートにカラオケ指標が復活しながら未加算の曲が散見される理由、そして打開策を考える

今週水曜発表の7月6日付ビルボードジャパンソングスチャートからカラオケ指標が集計再開となりました。CHART insightから各指標毎の順位を確認できます。 カラオケ指標でトップ10入りした曲のポイントを前週と比較してみましょう。 上記の表は、カラオケ指標…

あいみょん「裸の心」が勢いをキープする理由とは? 6月22日付ビルボードジャパンソングスチャートをチェック

毎週木曜は、前日発表されたビルボードジャパン各種チャートの注目点を紹介します。 6月8~14日を集計期間とする6月22日付ビルボードジャパンソングスチャート。YOASOBI「夜に駆ける」の4連覇を阻んだのはKing & Prince「Mazy Night」でした。 【ビルボード…

紅蓮華、猫、夜に駆ける…今注目を集める一発録り企画のYouTubeチャンネル、THE FIRST TAKEが今後さらに飛躍するために望むこと

一昨日、ラジオの放送後記も兼ねて番組で語った内容をまとめた、YOASOBIが人気を獲得した要因を記載しました。その際4項目”プラスα”として、ソニー・ミュージックエンタテインメント(以下ソニー・ミュージック)の戦略の巧さを記載しました。 「夜に駆ける」…

ラジオで特集したYOASOBI、その流行の理由4点プラスαを自分なりに考えてみる

自分がスタッフの一員を務める『わがままWAVE It's Cool!』(FMアップルウェーブ 日曜17時)、昨日の放送ではDJたくみくんによるYOASOBI特集をOAしました。 曲目リスト 01. YOASOBI「夜に駆ける」 02. Ayase「ハッピーエンダー」 03. YOASOBI「あの夢をなぞっ…

ビルボードジャパン上半期ソングスチャートから思う、音楽業界に対する個人的な希望や要望3点

昨日はビルボードジャパンの今年度上半期各種チャートが発表され、このブログでも私見を記載しました。 Billboard Japan 2020年上半期チャート発表 Official髭男dismが【TOP Artists】と【HOT 100】、King Gnuが【HOT Albums】首位に https://t.co/WHklFfEYf…

『Mステ』が”愛される動画”を積極的に紹介…次週取り上げられる曲とこれからの注目株をチェック

”愛される動画”が今の日本におけるヒットの共通点であり源泉であることを一昨日のブログで紹介しました。 テレビメディアもこのムーブメントを追いかけようと動き出している気がします。特に6月5日金曜は音楽業界にとっても重要な日になるでしょう。まずは朝…