イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

星野源「創造」、プロモーションの場が一段と拡大していることについて

星野源さんの新曲「創造」、その曲のみならず訴求の方法も素晴らしいのです。

任天堂のゲーム『スーパーマリオブラザーズ』が35周年を迎えるにあたり制作された「創造」は2月17日水曜リリース。同日0時に上記ミュージックビデオがYouTubeにてプレミア公開。それに先立ち、2月12日金曜正午にティザーが公開されています。

この2月12日はスーパーマリオシリーズの新作ゲーム発売日であり、ゲームと曲とが密接にリンクしていることをより強く意識させてくれます。

解禁された2月17日には任天堂が今後のラインナップを発表するNintendo Directを配信。ミュージックビデオは様々な形での任天堂へ愛が話題になっており、Nintendo Directの動画と合わせて(交互に)観た方も少なくないでしょう。

ミュージックビデオ公開の1時間後には、自身のラジオ番組『星野源オールナイトニッポン』(ニッポン放送)がOA。この週はスペシャルウイーク(聴取率調査週間)期間中のため通常回以上に注目が。ゲストにYOUさん、さらにはぱほりんを招いたトークで盛り上がっています。

「創造」についての話は、書き起こしを担当するみやーんさんが記してくださっています。

 

 

星野源さんは今作「創造」において、テレビやラジオといったメディアでのプロモーションは多くはない気がします。情報番組へのゲスト出演はある一方、音楽番組への出演はないのがさらにそう思わせる理由ですが、しかし今回はこれまであまりみられなかったであろう試みが成されています。それがネット番組への積極的な出演です。

『kemioの耳そうじクラブ』は今年新設されたJAPAN PODCAST AWARDSにもノミネートされている注目のポッドキャスト

ラジオ番組のOA内容がポッドキャスト化されるのとは異なる、ポッドキャスト限定の番組に登場すること自体珍しいのではないでしょうか。

 

そして星野源さんはYouTubeチャンネルにも進出。

マフィア梶田中村悠一の「わしゃがなTV」』は2月19日午後の段階で登録者数35万を超える人気チャンネル。2月18日夜に公開された星野源さん登場回は2月20日午前7時の段階で65万回再生を突破し、チャンネルの歴代再生回数トップ10入りを射程圏内にとらえているのです。上記ツイートへの反応も凄まじい数となっています。

 

 

ポッドキャストそしてYouTubeへの登場はかなり大きな意味を持ちます。これらコンテンツをテレビやラジオには劣ると思う方が未だいらした場合、星野源さんの登場はこれらネット発のコンテンツが素晴らしいものであるという保証となり、番組にとってはお墨付きとなります。またネットでの評判は、ダウンロードやストリーミング、ミュージックビデオの動画再生等、デジタルプラットフォームへのアクセスにつながりやすいと言えます。同じスマートフォンやパソコン、タブレット内で完結できるのですから尚の事です。

これまでは地上波というコンテンツにプロモーションの活路を見出しすのが常だった日本の音楽業界にとって、好いものは好い、楽しいから出るという姿勢を軽やかに貫く星野源さんの姿勢は新しいスタンダードになり得るのではないでしょうか。

 

星野源「創造」は来週水曜に発表される3月1日付ビルボードジャパンソングスチャートで上位に登場することが予想されます。既にダウンロード指標では首位が確実となっています。

またストリーミング指標は66位。集計3日間のうち水曜1日でこの位置にいることから、週末でのさらなる上昇が期待できます。

今回の「創造」におけるプロモーション場所の拡大と、リリース前後から週末に至るまで盛り上げを続けていく綿密なスケジューリング策は本当に見事。個人的には、朝の連続テレビ小説主題歌となった「アイデア」の徹底したスケジューリングを思い出した次第です。

「アイデア」についてブログを記載した翌日、同曲のミュージックビデオが公開されたこともあり、ビルボードジャパンソングスチャートでは2連覇を達成しています。今作「創造」については強力なシングルCDセールス初加算曲の存在があるため次週の首位登場は厳しいかもしれませんが、この数週の動向をみて真の社会的ヒットに至れるかを判断しましょう。