イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

パスピエのVHS風なミュージックビデオ、そして音にハマる

日本のラジオでヒットしているケイシー・マスグレイヴス「High Horse」やカルヴィン・ハリス&デュア・リパ「One Kiss」、そして今週リリースするクリスティーナ・アギレラのアルバムからの先行曲「Accelerate」…これらに共通するのはミュージックビデオにおけるアナログテレビ、VHS風の質感。以前弊ブログでも取り上げています。

iTunes StoreではVHS風に動画を加工できるRAD VHS Camcorderアプリもあり、ミュージックビデオに刺激を受けて活用している方は少なくないことでしょう。

 

そんな中、日本でもVHS風の質感を意識した作品が登場。

4月にリリースされたパスピエのミニアルバムのタイトル曲。ラジオで何度か耳にしたことあったのですがパスピエとは知らず、とりわけシンセが醸し出すレトロ感に、まさかこの曲が2018年産だとは思いもしませんでした。昨日放送の『アフター6ジャンクション』(TBSラジオ 月-金曜18時)で生演奏していたのですがその演奏力の凄さ、そして曲や声の中毒性に遅ればせながらハマっています(来週火曜までradikoのタイムフリーで聴けますので是非。首都圏以外在住の方はradikoプレミアム会員になる必要があります)。

 

この手のミュージックビデオの質感の作品は他にもあるかもしれません。いろいろ探していこうと思います。