イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

【米ビルボード】リル・ナズ・X & ジャック・ハーロウ「Industry Baby」が初の首位、アデル「Easy On Me」がわずか5時間で68位に

毎週火曜は最新米ビルボードの速報をお伝えします。

現地時間の10月18日月曜に発表された最新10月23日付米ビルボードソングスチャート(Hot 100)。前週2位のリル・ナズ・X & ジャック・ハーロウ「Industry Baby」がザ・キッド・ラロイ with ジャスティン・ビーバー「Stay」を抑え、初の首位を獲得しました。

ビルボードソングスチャート63年の歴史の中で1130曲目の首位となったリル・ナズ・X & ジャック・ハーロウ「Industry Baby」は、ストリーミングが前週比1%ダウンの2320万(同指標1位)、ダウンロードが同564%アップの34300(同指標1位)、ラジオが同10%アップの6400万(同指標4位)を獲得しました。

ダウンロードが大きく伸びた理由は「Industry Baby」に2つのバージョンが新たに登場したため。ジャケット違い("alternative digital single cover"と称したバージョン)およびエクステンデッドミックスが集計期間2日目となる10月9日土曜にリリースされ、集計期間中ずっと0.69ドル(69セント)で販売されたため。下記動画はエクステンデッドミックスとなります。

「Industry Baby」はリル・ナズ・Xにとって、ビリー・レイ・サイラスを迎えた「Old Town Road」(2019)、「Montero (Call Me By Your Name)」(2021)に続く3曲目の首位獲得曲に。またジャック・ハーロウにとってはこれまでダベイビー、トリー・レーンズ & リル・ウェインを迎えた「Whats Poppin」(2020)の2位が最高であり「Industry Baby」で悲願の首位獲得となりました。

また「Industry Baby」のプロデュースにはカニエ・ウェストも関与。カニエにとってはこの曲がプロデュース作品として5曲目の首位獲得となりました。

2021年の米ビルボードソングスチャートにおいては「Industry Baby」が15曲目の首位となります。そのうち10曲が初登場で首位を獲得した一方、8月7日付で2位に初登場した「Industry Baby」は12週目で首位到達。今年首位を獲得した曲ではザ・ウィークエンド & アリアナ・グランデ「Save Your Tears」の21週に次ぐ長期間での首位到達となります。

また、タイトルに"Baby"がついた曲では「Industry Baby」がちょうど20曲目の首位獲得曲に。

 

前週まで通算7週首位を獲得していたザ・キッド・ラロイ with ジャスティン・ビーバー「Stay」は2位に後退。ストリーミングは前週比7%ダウンの2160万(同指標2位。記事未記載ながらこちらのツイートで確認可能)、ダウンロードは同67%アップの12400(順位は記事未記載)、ラジオは同3%アップの8920万(同指標1位)となっています。

「Stay」もダウンロード指標を大きく伸ばしていますが、これは集計期間にiTunes Storeが"69¢ Pop Hits"(69セントでの安価販売)にこの曲を据えたためです。

 

デュア・リパ「Levitating」が8位をキープ。同曲は通算39週目のトップ10在籍となり、ポスト・マローン「Circles」(在籍期間 2019-2020)と並ぶ歴代2位に。なお歴代最長記録はザ・ウィークエンド「Blinding Lights」の57週(在籍期間 2020-2021)となります。

 

前週から1ランクアップし、エド・シーラン「Shivers」がトップ10入り。ストリーミングは前週とほぼ変わらず1210万、ダウンロードは同3%ダウンの9100、ラジオは同5%アップの3730万を獲得しています。これによりエドは今週4位につけた「Bad Habits」に続く9曲目のトップ10入りを達成。2曲とも10月29日にリリースされるニューアルバム『=』に収録されています。

 

最新のトップ10はこちら。

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (2位) リル・ナズ・X & ジャック・ハーロウ「Industry Baby」

2位 (1位) ザ・キッド・ラロイ with ジャスティン・ビーバー「Stay」

3位 (3位) ウォーカー・ヘイズ「Fancy Like」

4位 (5位) エド・シーラン「Bad Habits」

5位 (4位) ドレイク feat. フューチャー & ヤング・サグ「Way 2 Sexy」

6位 (6位) オリヴィア・ロドリゴ「Good 4 U」

7位 (7位) ドージャ・キャット feat. シザ「Kiss Me More」 

8位 (8位) デュア・リパ「Levitating」

9位 (10位) ウィズキッド feat. ジャスティン・ビーバー & テムズ「Essence」

10位 (11位) エド・シーラン「Shivers」

 

 

さて、ここまでは米ビルボードの記事を翻訳する形で記載しました。ここからは私見も折り込みます。

 

次週はアデル「Easy On Me」が首位に到達することはほぼ間違いありません。この曲はイギリスで10月15日0時にリリースされたため、米では14日のリリースとなりました。解禁後5時間分が10月23日付米ビルボードソングスチャートにカウントされ、ダウンロード指標で「Easy On Me」は4位、総合では68位に初登場を果たしました。

「Easy On Me」の勢いについては別途ブログエントリーにて記しています。

 

また2週前に米ビルボードソングスチャートを制したコールドプレイ & BTS「My Universe」の、BTSのSUGAによるリミックスが今週登場しています。「My Universe」は前週早くもトップから脱落しましたが、オリジナルバージョンを収録したコールドプレイのアルバム『Music Of The Spheres』が次週の米ビルボードアルバムチャートに初登場するタイミングでのリミックス投入により、同曲の再浮上もあるかもしれません。