イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングチャートなどを紹介します。

日本のSpotifyデイリーチャートからみえてきた、土曜に再生回数が上がりにくいジャンルについて

日本の主要サブスクサービスのひとつで、ビルボードジャパンソングチャートのストリーミング再生回数においてはおよそ2割を占めるといわれるSpotifyには、チャート上の特性があります。その点は下記エントリーにてまとめています。

日本のSpotifyでは金曜から土曜にかけて再生回数が1割前後、比較的大きく上昇するのですが、その特性をなぞらない曲もあります。最新6月15日土曜付において該当する曲をXにてポストしたのですが(こちらからはじまるスレッドにて発信)、ここからみえてくるものがあると感じています。

 

<日本における6月15日付Spotifyデイリーチャート 再生回数前日割れ記録曲>

(※太字は前週同曜日においても再生回数前日割れを記録した曲。)

 

・JIMIN「Like Crazy」 再生回数前日比97.3% 33→44位

・Number_i「No-Yes」 同98.3% 50→51位

ヨルシカ「ルバート」 同99.95% 52→52位

V「Love Me Again」 同97.5% 55→62位

JIMIN「Set Me Free Pt.2」 同86.7% 53→65位

・Number_i「SQUARE_ONE」 同93.6% 61→77位

サブリナ・カーペンター「Espresso」 同99.3% 80→92位

<日本における6月15日付Spotifyデイリーチャート

 前日付で100位以内に入り翌日にダウンした曲のうち再生回数前日割れ記録曲>

(※太字は前週同曜日においても再生回数前日割れを記録した曲。)

 

BE:FIRST「Masterplan」 再生回数前日比91.5% 75→104位

ずっと真夜中でいいのに。「嘘じゃない」 同99.98% 95→108位

Number_i「i」 同96.5% 94→114位

King & Prince「mooooveǃǃ」 同93.6% 100→121位

<日本における6月15日付Spotifyデイリーチャート

 50位以内で再生回数前日比105%未満の曲>

(※太字は前週同曜日においても再生回数前日比105%未満の曲。)

 

Mrs. GREEN APPLEコロンブス」 再生回数前日比102.9% 3→5位

Number_i「BON」 同103.4% 11→12位

NewJeans「How Sweet」 同104.4% 26→27位

・星街すいせい「ビビデバ」 同104.99% 27→29位

ジョングク「Never Let Go」 同103.5% 29→34位

aespa「Supernova」 同104.3% 31→35位

・Number_i「GOAT」 同102.6% 30→37位

・JIMIN「Like Crazy」 同97.3% 33→44位

BABYMONSTER「SHEESH」 同104.8% 46→49位

 

上記について、たとえばMrs. GREEN APPLEコロンブス」では以下の理由が考えられます。

一方、土曜の再生回数が大きく上がっていないとして上記に掲載した曲には、主にふたつのジャンルがあると捉えています。

 

ここにはK-POP以外の洋楽も含まれるかもしれません。ただしサブリナ・カーペンターは最新6月15日付で「Please Please Please」も100位以内に送り込んでいますが、同曲は日本では登場6日目となり上昇を続けているゆえ、この特性に当てはまらなかったと捉えています。

 

Stationheadとファンダムとの関係性は、たとえばNumber_iの作品群にて顕著に現れています。

一方で、そのNumber_iを筆頭に、同じくStationheadの影響も垣間見えるJO1「Love seeker」についても土曜の再生回数前日比が大きくない状況です(6月15日付Spotifyデイリーチャートにおける再生回数前日比は107.7%)。Stationhead企画の土日開催が平日より多くなく、土日に予定が入っているコアファンが多いと考えていいかもしれません。

 

 

2週分の動向からこれらふたつの特性を断言するのは好くないかもしれませんが、しかし"K-POPや洋楽"、"日本の男性アイドルやダンスボーカルグループ"にこの特性が多く登場していることを興味深く感じた次第。もしかしたら前者においても、Stationheadの利用者が多いほどこの特性が反映されやすいのではと感じています。今週末の動向を踏まえ、今回の内容をSpotifyの特性を記したエントリーに追加するかもしれません。