イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

(追記・訂正あり)【海外ビルボード】ザ・キッド・ラロイ with ジャスティン・ビーバー「Stay」が米&グローバル連覇達成

(※追記(8月24日):米ビルボードのホームページにおいて、デュア・リパ「Levitating」からダベイビーの名前が外れていることを確認し、「Levitating」の表記を訂正しました。)

(※追記(8月31日):弊ブログにてこれまで、「Stay」の表記をザ・キッド・ラロイ feat. ジャスティン・ビーバーと記載しておりましたが、正しくはザ・キッド・ラロイ with ジャスティン・ビーバーでした。訂正してお詫びいたします。)

 

 

 

毎週火曜は、最新米ビルボードおよびグローバルチャートの速報をお伝えします。

現地時間の8月23日月曜に発表された最新8月28日付米ビルボードソングスチャート(Hot 100)。ザ・キッド・ラロイ with ジャスティン・ビーバー「Stay」が3連覇を達成しました。

ザ・キッド・ラロイ with ジャスティン・ビーバー「Stay」はストリーミングが前週比3%アップの3270万(同指標1位)、ダウンロードが同13%アップの14400(同指標6位)、ラジオが同29%アップの5130万(同指標7位)を獲得しています。

エド・シーラン「Bad Habits」が3→2位に。ストリーミングは前週比2%アップの1660万(同指標7位)、ダウンロードは同1%アップの15700(同指標5位)、ラジオは同6%アップの7280万(同指標3位)を獲得。2位以上を記録したのは「Shape Of You」(2017 12週1位)、ビヨンセとの「Perfect」(2017-2018 6週1位)、「Thinking Out Loud」(2015 2位)、ジャスティン・ビーバーとの「I Don't Care」(2019 2位)に次いで5曲目となります。

リゾ feat. カーディ・B「Rumors」が4位に初登場。ストリーミングは2090万、ダウンロードは25200を獲得し両指標3位、ラジオは3010万を記録し21位に入りました。ラジオ指標における21位初登場は、この5年においてはメーガン・トレイナー「No」が2016年3月26日付において21位に登場して以来、最も高い位置でのエントリーとなります。

f:id:face_urbansoul:20210824045504p:plain

リゾの公式ショップ(→こちら)では「Rumors」はデジタル2種(オリジナルバージョンおよび修正版)、オリジナルバージョンを収録したカセット3種とCD2種、レコード1種が販売。フィジカルはいずれも5ドル98セントで用意されており、これがダウンロード指標に影響を与えた形です。

リズのトップ10入りは「Truth Hurts」(2019 7週1位)、「Good As Hell」(2019 3位)に次いで3曲目。これまでの初登場時における最高位は「Truth Hurts」における50位であり、「Rumors」が大きく更新した形。またカーディ・Bにとっては5曲の首位を含め、今回が10曲目のトップ10入りとなります。

 

最新のトップ10はこちら。

[今週 (前週) 歌手名・曲名]

1位 (1位) ザ・キッド・ラロイ with ジャスティン・ビーバー「Stay」

2位 (3位) エド・シーラン「Bad Habits」

3位 (2位) オリヴィア・ロドリゴ「Good 4 U」

4位 (初登場) リゾ feat. カーディ・B「Rumors」

5位 (4位) ドージャ・キャット feat. シザ「Kiss Me More」 

6位 (5位) デュア・リパ「Levitating」

7位 (8位) リル・ナズ・X feat. ジャック・ハーロウ「Industry Baby」

8位 (7位) BTS「Butter」

9位 (10位) オリヴィア・ロドリゴDeja Vu

10位 (9位) リル・ナズ・X「Montero (Call Me By Your Name)」

 

(※追記(8月24日22時00分):こちらのツイートにあるように、米ビルボードはデュア・リパ「Levitating」からダベイビーのクレジットを外していました(8月28日付米ビルボードソングスチャートはこちら)。上記トップ10画像には掲載されていますが米ビルボードホームページの表記に倣い、「Levitating」のクレジットを変更しました。)

 

ラジオ指標はオリヴィア・ロドリゴ「Good 4 U」(総合3位)が2週目の首位となり、前週比1%アップの7700万を獲得。またダウンロード指標ではBTS「Butter」(総合8位)が12週目の首位となり、前週比13%ダウンの55000を記録しています。

前週に単独での最長在籍記録を達成したザ・ウィークエンド「Blinding Lights」が今週21位に入り、100位以内在籍記録を89週に伸ばしています。

またデュア・リパ「Levitating」が今週6位となり、33週目のトップ10入り。これで同曲はポスト・マローン & スウェイ・リー「Sunflower (Spider-Man: Into the Spider-Verse)」(2018-2019)、マルーン5 feat. カーディ・B「Girls Like You」(2018-2019)およびエド・シーラン「Shape Of You」(2017)と並び歴代3位タイに。なおトップ10在籍記録のトップはこちらも「Blinding Lights」の57週となります。

そのデュア・リパはエルトン・ジョンとの「Cold Heart (Pnau Remix)」が今週81位に初登場。ストリーミング350万、ダウンロード8600およびラジオ380万を獲得したことにより、エルトン・ジョンにとって「Someday Out Of The Blue」が2000年7月29日付で99位に入って以来、21年ぶりとなる100位以内エントリーを果たしました。1970年8月15日付で「Border Song」が93位に登場して以降、68曲目のエントリーとなります。

 

 

昨年秋に新設されたグローバルチャート速報。200を超える地域の主要デジタルプラットフォームによるストリーミングとデジタルダウンロードで構成され歌手のホームページでの販売分を含まないグローバルチャート。8月28日付ではGlobal 200、Global Excl. U.S.共にザ・キッド・ラロイ with ジャスティン・ビーバー「Stay」が制覇。Global 200は通算4週目、Global Excl. U.S.においては2連覇を達成しています。

「Stay」はGlobal 200にてストリーミングが前週比14%アップの1億2370万、ダウンロードが同18%アップの24800を、Global 200から米の分を除いたGlobal Excl. U.S.ではストリーミングが前週比18%アップの9280万、ダウンロードが同24%アップの10500を記録しています。

Global 200において、2021年に入りストリーミング指標が2週以上1億超えを果たしたのはオリヴィア・ロドリゴ「Drivers License」(1月23日-2月6日付 3週)、リル・ナズ・X「Montero (Call Me By Your Name)」(4月17-24日付 2週)、BTS「Butter」(6月5-19日付および7月3日付 4週)以来、「Stay」が4曲目となります。

ファルッコ「Pepas」がGlobal 200およびGlobal Excl. U.S.共にトップ10入り。Global 200ではストリーミングが前週比8%アップの5800万、ダウンロードが同10%アップの3700を獲得し16→8位、Global Excl. U.S.ではストリーミングが前週比6%アップの4720万、ダウンロードが同23%アップの1100を獲得し13→6位に。プエルトリコ出身のファルッコにとってはGlobal 200では初、Global Excl. U.S.では2曲目のトップ10入りとなります。

またGlobal 200ではドージャ・キャット「Need To Know」が前週より2ランクアップし10位に到達。ストリーミングは前週比9%アップの5180万、ダウンロードは同5%アップの2300を獲得しています。ドージャ・キャットにとっては「Streets」(8位)、シザをフィーチャーした「Kiss Me More」(3位)に続く3曲目のトップ10入りとなります。