イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングスチャートなどを紹介します。

「LOVE~Destiny~」のアレンジの妙

最近あらためて聴いてその良さを実感した曲のひとつが、浜崎あゆみ「LOVE~Destiny~」。

・浜崎あゆみ「LOVE~Destiny~」

個人的に最も好きなところは、2番のサビの後、『真実と現実の全てから目を反らさずに 生きて行く証にすればいい』の後の弦楽部分。上記動画では3:39~3:48あたり。

どことなく、この曲のサビの始まりに似ていませんか?

・The Stylistics「You Make Me Feel Brand New(誓い)」

決して似てることを非難する意味で引用したのではなく、むしろ、仮にスタイリスティックスから刺激を受けて「LOVE...」のアレンジが決まったのならば見事なんじゃないかと思ったのです。

そう思うに至ったのは、歌詞の持つ意味の共通性ゆえ。

 

・「LOVE~Destiny~」の歌詞 → 歌ネットより

・「You Make Me Feel Brand New(誓い)」の歌詞と対訳 → およげ!対訳くんより

 

2曲は、主人公と親しい仲にあった者が恋人か親友かの違いはあれども、親しかった者の別れ(喪失)と主人公の新たな出発...が歌われています(と、解釈しています)。

「LOVE...」の歌詞の中で最も前を向いている言葉が『真実と現実の全てから目を反らさずに 生きて行く証にすればいい』の箇所であり、その言葉の直後に「誓い」のメロディを思わせる弦楽が挿入されることにより、主人公の前向きさや新たな出発への"誓い"の思いが強固なものであるという印象を聴き手に強くもたらすんじゃないか...そう実感しています。

なので、仮にそういう意図を込めたアレンジだったのならば策士だ!と思った次第なのです。

 

 

現在ツアー中の彼女、今月末には青森市で2デイズが控えています。個人的にはこの曲や以前弊ブログで絶賛したゴスペルライクな曲をやってくれたら嬉しいなあと思うところです。