イマオト - 今の音楽を追うブログ -

旧ブログ名:face it。音楽チャートアナライザーとして、ビルボードジャパンや米ビルボードのソングチャートなどを紹介します。

(追記あり) ビルボードジャパンの2024年度上半期各種チャート 記事およびデータまとめ

(※追記(5時33分):ビルボードジャパンは午前5時に、上半期各種チャートのトップ10画像付きポストを発信しました。つきましては、それらポストを貼付しています。)

(※追記(6時49分):ビルボードジャパンが発表した上半期各種チャートを踏まえ、分析したエントリーを公開しました。このエントリーの最後にリンクを掲載しています。)

 

 

 

ビルボードジャパンは本日、2024年度上半期各種チャートを公開しました。集計期間は2023年12月6日公開分~2024年5月29日公開分(2023年11月27日~2024年5月26日)となります。

 

今回は別エントリーにて、ビルボードジャパンによる2024年度上半期各種チャートのうちソングチャートを主体に、主な特徴を紹介します。ここではビルボードジャパンによる記事のリンク(を記載したXのポスト)をまとめます。

続きを読む

【ビルボードジャパン最新動向】男性アイドル/ダンスボーカルグループ、トップ3独占の要因

最新6月5日公開分(集計期間:5月27日~6月2日)のビルボードジャパンソングチャートはトップ10のうち6曲、そして上位3曲がすべて入れ替わりました。JO1「Love seeker」が首位、Number_i「BON」が275ポイント差で2位に、そしてコムドット「拝啓、俺たちへ」が3位にランクインし、いずれも1万ポイント超えを果たしています。下記総合ソングチャートの記事でも、3曲について詳しく紹介されています。

今回の上位曲においては、下記CHART insightや表にてその特色がつかめるものと考えます。

(上記CHART insightは各指標20位まで掲載。未記載の部分においてはJO1「Love seeker」がストリーミング25位および動画再生31位、コムドット「拝啓、俺たちへ」がダウンロード27位および動画再生23位であることが総合ソングチャートの記事から判明しています。)

続きを読む

Number_i『No.O -ring-』収録曲がサブスクで躍進、その背景から考えること

5月27日にリリースされたNumber_iのミニアルバム『No.O -ring-』が本日公開分のビルボードジャパンアルバムチャートで総合首位を獲得することが確実視されています。そして注目は、収録された7曲のソングチャート動向。Stationheadというアプリ(サービス)でのリスニングパーティーも相まって7曲のうち複数が総合100位以内に入る可能性も考えられます。加えてリード曲「BON」がどの位置に初登場するかも注目です。

続きを読む

”洋楽が聴かれない”問題解決にも有効…日本の音楽作品のフィジカル金曜リリースを提案する

ビルボードジャパンが先月発表したコラムは、日本でK-POPを除く洋楽が聴かれなくなったことをデータで証明したといえるかもしれません。

これには音楽ジャーナリストの柴那典さんも『マジで英米の音楽に対しての興味が急激に減退しているのだな…』と反応されています(ポストはこちら)。事実、今年度のソングチャート(集計期間:2023年12月6日~2024年5月29日公開分)において1週でも100位以内にエントリーしたK-POP以外の洋楽に範囲を限っても、ランクインは10曲という状況です。K-POP歌手に客演参加した歌手の登場分を含めても14曲にとどまります。

 

他方、アルバムチャートでは今年度、トップ10入りしたK-POP以外の洋楽がみられます。ソングチャートではマライア・キャリー「All I Want For Christmas Is You (邦題:恋人たちのクリスマス)」のみがトップ10入りしており、その状況に比べれば好いといえるかもしれません。

たとえば世界的に大ヒットしたテイラー・スウィフト『The Tortured Poets Department』は、4月24日公開分ビルボードジャパンアルバムチャートで5位に初登場して以降3週連続でトップ10入り。またビリー・アイリッシュ『Hit Me Hard And Soft』は5月22日公開分にて15位に初登場、総合ではトップ10入りを逃すもののダウンロード指標では8位に入っています。

しかしながら、これら作品は順位をもっと上げることができたのではと考えます。K-POPを除く洋楽は基本的に金曜リリースが多く、海外の音楽チャートも金曜が集計期間初日となっています。仮に日本の音楽チャートが海外にチャートポリシーを合わせ月曜を集計開始とすれば、K-POPを除く洋楽はチャート上で少しでも高い位置に登場して聴かれていることが可視化、またチャートを経由して聴かれるようになると思うのです。

(ちなみに先述したアルバムの国内盤リリース日はテイラー・スウィフト『The Tortured Poets Department』が4月20日土曜(実際のリリース日は4月19日金曜)、ビリー・アイリッシュ『Hit Me Hard And Soft』が5月17日金曜(実際も同日)となります。)

 

K-POPを除く洋楽の金曜リリースと海外の音楽チャートの金曜集計開始は相関関係にあり、同様に日本でのフィジカル水曜リリースと音楽チャート月曜集計開始が相関関係にあるといえます。後者についてはオリコンチャート - Wikipediaにおける集計方法欄にて記載されていますが、ビルボードジャパンの認知度が高まりデジタル時代となった現在でもフィジカルセールスに準ずる集計期間のままであることに疑問を抱きます。

 

 

日本の音楽業界におけるフィジカルリリースについて様々な声が出ていることも考慮し、このブログエントリーでは【日本の音楽作品のフィジカルリリースは金曜すべき】と提案します。

 

<日本の音楽作品のフィジカルリリースを金曜にすべきと考える理由>

  • ① (K-POPを除く)洋楽が日本の作品と同時リリースされ、洋楽人気が高まる可能性がある
  • ② 日本とグローバル双方のチャートで施策をまとめることができ、上位進出が狙える
  • ビルボードジャパンがグローバルチャートに集計方法を沿わせ、音楽業界を刺激する
  • ④ 週末のリリースにより、フィジカル取扱店舗の来客増加を見込める
  • ⑤ レンタル解禁日をずらし、フィジカルセールス初週売上を高めることができる
続きを読む

【海外ビルボード】「I Had Some Help」米3連覇、NewJeansがGlobal Excl. U.S.でトップ10入り

現地時間の6月3日月曜に発表された、最新6月8日付米ビルボードソングチャート(集計期間:5月24~30日)。ポスト・マローン feat. モーガン・ウォレン「I Had Some Help」が初登場から3連覇を達成しました。

続きを読む

2024年5月の私的トップ10ソングス、選びました

2020年1月にスタートした【私的トップ10ソングス+α】企画、今回は2024年5月分です。前の月にリリースされた曲を中心に選出しています。ミュージックビデオ等動画がない曲も含め、エントリーの最後に掲載したSpotifyプレイリストでチェックしてください。

これまでの私的トップ10ソングス等についてはこちらSpotifyを利用し、New Music WednesdayNew Music Friday JapanNew Music FridayおよびMonday Spinといったプレイリストを毎週チェックしています。

 

なお、"私的トップ10ソングス"とあるように、月イチで紹介するこのエントリーは完全な私見に基づくベストソング選出企画となります。音楽チャート等紹介の際、個人的な作品への思い入れを乗せないよう心掛けています。

続きを読む

2024年度ビルボードジャパン上半期チャートと同期間における、Spotify再生回数動向を読む

ビルボードジャパンは6月7日金曜に2024年度上半期各種チャートを発表します。このブログでは分析内容を同日午前8時までに公開する予定ですが、それに先立ち昨日は第2四半期の各種データを公開。第1四半期をまとめたエントリーのリンクも掲載しています。

今回はビルボードジャパンソングチャートに大きな影響を与えるストリーミング指標のうち、再生回数全体のおよそ2割を占めるSpotifyの動向を紹介。ビルボードジャパンの2024年度上半期チャートに倣い、昨年11月27日付~5月26日付における1位、50位および200位のデイリー再生回数推移をまとめています。

 

続きを読む